EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル高の政治的演出の意味



Paulson, Lagarde, Kudrin Back `Strong' Dollar at G-8 (Update2)

ポールソン財務長官がまたドル高支持のメッセージを残していますが,6月に入ってからのバーナンキFRB議長および長官のメッセージは,政治的にも強硬なものになってきました。ここで,そのような発言の背景や彼らが何を考えているのかなどについて考えてみたいと思います。

■ 発言の時期について
ドルが本当に弱かった2月に今回のような発言をしたら,市場はその弱みに付け込む羽目になりさらにドル安になったことでしょう。ポールソンは中央銀行や財務省が直接介入して為替市場に広範囲な影響を及ぼせるとは考えていないと思います。ドルが反転し始めたのを後押しするような形で発言するのが一番効果的だと考えているのでしょう。ポールソンはGS出身の金融のプロとして綿密に計算しつくされた上で今回の発言をしています。

■ 発言の役割について
しかし,それ以上に今回の発言の時期はその役割によるところが大きいでしょう。2月にはポールソンは「ドル安は米国の輸出を促進する」とまで言って,逆にドル安を容認していました。2月との状況の変化は,これ以上原油価格が上がるのは容認できないところまで来たというのがあるでしょう。2月半ばには原油が1バレル100ドルを越えたばかりだったのです。商品価格の高騰は,ドル安による輸出増加のメリットを相殺するかそれ以上に米国実体経済を停滞させるインフレにつながります。そして,早期の利上げをする必要が生じると,金融機関の再生にさらに時間がかかるでしょう。また,引き続きなんとかバスケット・ペッグ制をとっている中東諸国も自国通貨がドルとともに下落していくのをこれ以上見過ごすならば,彼らの国のインフレ率にも影響を与えます。

■ 中東合意があった!?
今回の発言のまえにポールソン自身が中東歴訪していることをニュースは報じています。なんらかの中東諸国との政治的合意があったことは予想できます。つまり「ドルペッグを止めても自国インフレは止まらないことを理解してもらうかわりにもう一度ドルを強くします。」という合意です。

6月2日ドーハにて:
Paulson Signals Gulf to Keep Peg Even as Prices Climb (Update1)
6月1日アブダビにて:
Paulson Says Dollar Pegs Don't Worry Mideast Leaders (Update5)

Middle East Ahead: Gulf Calendar of Events Through August
【Friday, May 30 】
Mideast: U.S. Treasury Secretary Henry Paulson Visits Saudi Arabia, Qatar, Kuwait and the United Arab Emirates. To June 2.
【Monday, June 2 】
U.A.E.: Islamic Project Finance conference, at Park Hyatt Hotel, Dubai, to June 3.
U.A.E.: Dolphin Energy Press Conference about Environmental Impact at Hilton Hotel Abu Dhabi. Starts 10am.

■ FRB議長まで為替政策に巻き込んで良いのか
一連のポールソンの発言では,バーナンキFRB議長とも緊密に連絡を取り合っていると踏み込んだ発言がなされました。また,バーナンキ議長も異例にも「為替市場を注視していく」と発言しました。

Bernanke Says Rate `Well Positioned,' Watching Dollar (Update5)

この発言はさまざまなブログで議論されています。なぜなら中央銀行は為替のための金融政策を取ることはないからです。特にFEDの場合は雇用の安定とインフレの抑制という2大目標を今後も追求していくでしょう。それで,この「強いドル」への言及はやはり商品市場の高騰を懸念しているFEDのインフレ政策の一環と捉えるべきです。これは,ある意味バーナンキ議長の失言かもしれませんが,政府主導のドル高政策の側面射撃に過ぎなくて,FEDが痛手を蒙ることはないと考えます。この意味で,今後もポールソン長官は「強いドル」についてたびたび言及し政府主導をアピールしていくことでしょう。ドル高がうまくいかなかったら彼が責任を取るのでしょう。

参考:
Fed Not in It to Back a `Strong Dollar' Policy: John M. Berry

***

とりあえず疲れたのでいったんエントリを終わります。

5月消費者物価指数は大幅上昇

ユーロ2008の観戦のためにどうもエントリが遅めです。m(__)m

U.S. Economy: Consumer Prices Increase, Sentiment Deteriorates

5月消費者物価総合指数:0.2% -> 0.6%(予想:0.5%)
5月消費者物価コア指数:0.1% -> 0.2%(予想:0.2%)
6月ミシガン大学消費者信頼感指数:59.8 -> 56.7(予想:59.5)
※物価上昇のペースは4月に下がった関係で5月に上昇。こういうのは統計のブレです。ただし,これはすでに終わった5月の統計であり,6月になってからドルが上昇し,原油価格が調整されていますから,あまり気にする必要はありません。

ドルは引き続きユーロに対して強めで,今夜のNY市場はプラスで推移しています。指標というよりはむしろ原油価格の調整によるところが多いのでしょう。

それにしても2005年で欧州憲法を否決した国フランスとオランダがEURO2008で対戦しているその日に,アイルランドでまたもリスボン条約が否決されるというのは単なる偶然とはいえ,EUが政治的な主権を得ることはまたもや挫折させられた事実は変えようがありません。ECBは各国の雇用政策と協調して何かをすることは引き続きできません。

***

ユーロドルは節目の1.53ドルジャストまで来ました。ここを割ると1.51ドルまで下落する可能性が高くなります。来週は先物・オプションのExpiration Dateを控えていますので,原油価格がまた変動することが予想されます。どさくさにまぎれて1.53ドル割れが達成されたら見ものです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code