EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

EURO So Sweet [v1.0]



久しぶりに動画をアップしました。「花より男子2」の主題歌"Love So Sweet"の替え歌です。主題はずばり欧州通貨EUROです。

EURO So Sweet [v1.0]

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望



先週は,連休中まではそれほどでもなかったのですが,週の後半に原油価格が急騰し,126円台まで上昇するのに加えて,AIGの損失報道が重なって株式相場の急落を招き,結果として為替市場も円高,フラン高の傾向が強まりました。

ドル円は,予測どおり102.60円あたりで止まりました。今週は102.50円を割った場合には,下値は102円,101円にサポートラインがあります。一方,上値はがんばっても105円までで止まりそうです。今週の調整は,株式市場もそうですが,押し目とらえるか様子を見るかを原油価格を見ながら慎重に判断する必要があるでしょう。



ユーロドルは,ユーロ高と原油高の正の相関関係が先週初めてなくなりました。1.54ドル台で終値を迎えましたが,先々週の高値および安値を切り下げてきました。つまり,原油価格が上昇しても,ユーロドルの下落傾向は止まっていません。日足の一目均衡の分厚い雲は先週と同じように,下値が1.53ドル台の幅広いサポート帯で止まるように働きます。また,上値も1.55ドルの後半で重くなりそうです。



ドルスイスは,先々週の安値および高値を切り上げてきました。ユーロドルのケースと同じくドル高方向の動きが継続中です。ドルのユーロに対する底堅さが対スイスフランにも表れており,円高のようにフラン高とはいかないようです。下値は1.0350フランのサポートライン,1.0200フランから1.0150フランかけての幅広いサポート帯があります。また,上値は再び1.05フラン後半で重くなりますし,1.0630フランを明確に抜けないと更なる上昇は望めません。

今週は原油価格およびVIX指数の動きに注目しましょう。原油価格の調整下落やVIX指数の低下が見られるならば,先週の円高ドル安も調整されることでしょう。しかし,引き続き原油価格が高止まりするならば,円およびフランに対しては有利ですが,ドルにとっては不利です。また,あまりにも原油価格が高くなりすぎたため世界経済全般に対しての悪影響が懸念されており,ユーロ高,ポンド高に結びつかない状況でもあります。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-05 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Forex Rates

This site's QR Code