EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

相場に立ち向かうために大切なこと

■ 情報量で勝負してはいけない
特に株式市場にいえることですが,インサイダーの人間に情報量で絶対勝てるわけがないのです。さらには証券会社の自己売買部門の人たちにもきっと勝てないでしょう。彼らは売り板・買い板を自由に見れますからね。比較的情報が伝播する為替市場でさえ,相場は情報の絶対値ではなく,(ポジティブサプライズやネガティブサプライズというように)事前予想との差によって動きます。だから,私は情報自身や情報量を信用するというより目の前の相場の動きを信用するのです。

■ 誰と戦っているかを明確にする
もし,ポジション量の大きな機関投資家と逆のポジションを取っていたら必ずつぶされます。トレンドに逆らって動くというのはそれと同じです。私の勝負場所にはそれと異なるもう一つのグループがいます。それは市場と連動して動くノイズ・トレーダーとも言える人たちです。彼らもある意味トレンドと共に動くのですが,トレンドに参入するのが遅くまたトレンドから抜けるのも遅い人たちです。また,合理的な投資行動というよりも,世の中の情報に過剰に反応し,しばしば相場にオーバーシュートやアンダーシュートをもたらします。皆さんは彼らの悲観を買うべきであり,彼らの楽観を売るべきなのです。株価の平均値回帰の理論もその延長にあるといえます。

■ 相場との戦いは情報戦というより心理戦である
前項2つから言いたいことは,相場との戦いは一言で言うと情報戦ではなく心理戦だということです。なかには,相場に勝つために全くファンダメンタルを必要としないと言い切るだけでなく,ファンダメンタルに頼ると直近バイアスにとらわれて自分もノイズ・トレーダーになってしまうと敬遠する人たちもいます。また,その心理戦の中には自己の欲望や損失の恐怖と戦う心理マネージメントも含んでいるといえるでしょう。

■ 常に謙虚であれ
勝ち続けると謙虚さが失われます。また,情報量が増えてくると自分はよく知っていると錯覚します。そういうときこそ,自分の心理マネージメントができなくなり,相場がアゲンストになっても自分が正しいと思い込みやすくなります。間違えたら前言を撤回すべし。

まだまだ,書いていけばいくらでもあげられますが,私が感じる最重要だと思われるのは以上の4つぐらいでしょうか。皆さんにも固有の投資スタイルや信念があることを希望しています。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code