EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

G7声明文の為替部分変更

焦点:G7の8年ぶり「為替変動懸念」に温度差の見方、ドル安基調は不変

今回のG7は声明文の為替部分で「前回の会合以降、主要通貨で時として急激な変動がある」「経済・金融の安定へ与え得る影響について懸念している」と明記。「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済成長にとって望ましくない」とした、2004年の米ボカラトンG7以降続いてきた表現を変更した。G7声明文が主要通貨の動きに懸念を表明するのは、ユーロ買い協調介入に踏み切った翌日に行われた2000年9月のプラハG7以来、7年7カ月ぶり。

日本の財務省幹部:「為替のみ議論というより、全体の国際金融システムの中での議論」
→第三者的だが,意見が違っていてまとまらないことを暗に示唆。

パドアスキオッパ伊経済財務相:「過去数年間見られなかった懸念を反映」
→表現が変更されたことでまずは納得。

ラガルド仏経済財務雇用相:「変更がすべてを物語っている」
→変更できたこと自体が画期的な変化だと感じる。

額賀福志郎財務相:「議論の詳細については言及しない」
→この人はうっかりしゃべることを自戒している。

トリシェECB総裁「(為替部分は)詩のようなものだ。それ自体が物語っている」
→利下げはしないでユーロ高を是正したいという気持ちをどうか汲み取って欲しい。

ポールソン米財務長官:「この先もさらに問題が待ち構えているかもしれない」「この時期のわれわれの取り組みにおける最重要課題は、実体経済への影響を抑えることだ」
→頑固なドル安論者。そうしないと何が起こっても仕方がないぞと恫喝。

※これではまとまるわけはないですね。今週は決算発表だけでなく,経済指標も多いですが,個々の発表に市場がどう反応するかではなく,どのように均衡が崩れていくかを観察しましょう。

(参考)
14日:
3月米小売売上高と2月米企業在庫

15日:
4月NY州製造業業況指数
3月米卸売物価指数
2月対米証券投資
4月米住宅建設業者指数

16日:
3月米住宅着工件数
3月米消費者物価指数
3月米実質所得
3月米鉱工業生産
米地区連銀経済報告

17日:
3月米景気先行指数
4月米フィラデルフィア地区連銀業況指数

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code