EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

利下げもいったん休止が近いか

Good News for Bernanke From Bonds Is Bad for Rates (Update3)

債券市場に変化が出てきて,米国債の平均イールドが3月17日の2.49%から0.33%改善した模様です。





まず,昨年12月11日ごろ(図1)はイールドカーブがフラットに近い状況でしたが,利下げにより,2008年3月17日ごろ(図2)にはイールドカーブが立ってきました。これで,金融機関も貸し出しによる利ざやを稼げる状況が進んできました。



さらに2008年4月7日(図3)には,そのイールドカーブが立ったまま全体のイールドが上がったということですから,米国債へのリスク回避傾向が収まりつつあるのではと考えられます。

また,米国債3ヶ月物とLIBOR3ヶ月物のスプレッド(TEDスプレッド)も1.35%に減少しました。昨年12月11日には2.20%まで広がり,3月19日でも2.03%まで広がっていたころからすると,銀行間貸し出しが好まれず,投資家たちが米国債に殺到している状況から徐々に改善が見られるということです。

もう一回は,政策金利を0.25%ぐらい下げるかもしれませんが,市場はFOMCが今後さらに継続的に利下げしなくても良いことを織り込んだようです。それもこれも,FRBの断固としたベアスターンズ救済処置によってFRBの信任が回復したことによると思います。

ドナルド・コーン理事が転出?

FRBのドナルド・コーン理事が,サンフランシスコ連銀のシアトル・ブランチに転出した模様(あるいは,単に特定の仕事に専念して現在のポジションには変化がないのかもしれませんが…)

http://www.federalreserve.gov/newsevents/speech/kohn20080407a.htm

上のあいさつ文からは,個人的な理由かFRB内の対立か,あるいは特別なミッションなのかは不明です。詳細がわかり次第,追記したいと思います。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code