EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

民主党の言う「財金分離」は全くのナンセンス

日銀総裁の任命権は政府の専任事項であり,そこに「財金分離」を持ち出すのは全くのナンセンス。日銀は政府に信任された人事の元で,Mandate遂行のための独立性を規定された権限の範囲で発揮するんです。

海の向こうのこのニュースを見よ!

米財務省がFRBの権限強化を提案する見通し、31日発表へ

米財務省の金融監督改革案はタイムリー=FRB

つまり,中央銀行はINDEPENDENT(独立した主体)ではなくDELEGATE(権限委譲された代理者)なわけですね。だから,出身母体に関係なく実務能力評価で総裁を決めれば,その後の金融政策に政府が口出しする余地はないのです。もちろん,法改正により日銀の権限を強化したりその反対もできますが,総裁選びとはまったく別の話です。さすがにこの件ではマスコミですらほとほとあきれ返っているのに,いい加減に目を覚ませ民主党!

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望



先週も相変わらず日替わりで上下しまくっている為替市場ですが,総括すると,月曜日は先々週の流れでドル堅調,火曜日と水曜日でドル反落,木曜日と金曜日で多少ましな米経済指標で少し戻すといったところでした。週足では陽線と陰線がまだらな通貨ペアが多く,ドル安の流れなかでも一段のドル安なのかドル反騰の手前なのか不明なところが多いです。

ドル円は,火曜日の上値101.02円から木曜日の下値98.54円まで大きく振動しました。前週足の高値と安値は結構重要で,今週どちらかをブレイクしたらそちらについていきたいと思います。日足を追っていても日替わりで上昇・下降しているときは週足のブレイクのほうが大事なのです。

98円半ばでは買い支える勢力がいるような気もしますがあまり強くはないみたいです。また,100円半ばでは戻り売りの勢力に押し返されます。7日線が98.64円付近を走っていますので,超短期ではこれを越えたら買いで,100.30円ぐらいで売り抜けるというのも一考です。(7日線を下回ったら売りで,98.80円ぐらいで買い戻すと言うのももちろん良いですが,金曜終値が99.19円ですでに下回り過ぎていますから,現時点でそうしろとは言えません。いずれにしろ直近終値をベースに売買判断は修正していかないといけません。)



ユーロドルは,先々週の商品市場の下落で基調転換かと思わせましたが,今週はユーロがまた強くなり,恥ずかしいくらいにユーロドルの上値をはずしました。

こういうときでも,先週の高値1.5857ドルを上回るかどうか,また先々週の高値1.5903ドルを上回るかどうかはきわめて大切です。一応,先週は高値が切り下がったことになっていますので,それを無駄にしないためでも上値が1.5857ドルを上回るかどうかは最重要です。一方,下値はやはり1.56ドルジャストで揉むぐらいが考えられますが,そこを下回ると1.53ドル半ばでの揉みまでは支持帯はないでしょう。

それにしても,ユーロドルの反落は,もはや政治情勢の変化やG7主体となっての協調声明などのイベントがないと起きないのかもしれません。基本的にはまだブル相場ですが,市場参加者に短期売買が多いか長期売買が多いかと言うと圧倒的に短期筋です。ロングポジションで利益が出ている場合でもこまめな利益確定をお勧めします。



ドルスイスは,今週は1ドル1スイスフランのパリティを越えられませんでした。その意味では売りスタンスを取りたい人もいるでしょう。

しかし,私は先週は先々週の安値および高値をともに切り上げていることに注目しています。つまり,今週もう一段それらの安値および高値を切り上げていくのか,あるいは逆方向に安値をブレイクしてしまうのか重要で,特に切り上げが無効になる先週の安値0.9880フランのブレイクアウトが最重要だと思います。

図では,ちょっと裁量で打診買いしたポジションが載っています。(0.9973フランでロング,ストップ:0.9873フラン,ターゲット:1.0173フランです。別にまねすることを勧めてはいません。)あくまで打診買いであることと,上記の安値のブレイクアウトを考慮したストップを入れていることに注意してください。

たとえストップが付いても,自分の戦略に基づいたストップなら納得ができます。無差別な値ごろ感,前の取引に引きずられた期待感,こうしたものがトレードの一貫性をなくし,ひいては自信喪失や損失に対する恐怖感につながります。しっかりとしたスタンスをもって勇気を出して日々の乱高下でブレないポジションを取ることが重要です。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code