EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

福井総裁退任記者会見要旨

http://www.boj.or.jp/type/press/kaiken07/kk0803c.pdf

「多分、皆さまも覚えて下さっていると思いますが、5年前に着任した時
の日本経済、日本の金融の姿というのは、本当にどこに出口を見出していくか思
い悩むような状況でした。おまけに着任の日にイラク戦争が始まるという、いわ
ば非常時対応から物事を始めました。そのことを思い出してみますと、私の任期
中にいわゆる量的緩和から脱却できるのか、このことすら考えると恐ろしいとい
う気持ちで仕事を始めたわけです。従いまして、3年ほど経過した時点で量的緩
和から脱却し、新しい金融政策のフレームワークというものを打ち立てることが
でき、その後、政策金利の水準は低いけれども金利機能がしっかり働くマーケッ
トというところまで何とか漕ぎ着けた、ということが印象に残っております。
先程、金利正常化が途半ばではないかというご質問がありました。途半
ばかもしれませんが、正常化を急いで失敗するよりは、やはり確実な判断で進ん
でいった方がいいと思っております。やり残した仕事は沢山あることは間違いあ
りません。しかし、私は5年間という任期中にエネルギーをフルに注いでおりま
すので、やり残した仕事をさらにやるだけのエネルギーは残っていないと思って
います。」

ドラめもんさん談: 金利正常化の意欲は相変わらずですけど、「正常化を急いで失敗するよりは、やはり確実な判断で」っていうのはもうちょっと早めに仰って頂きますと。

EURO SELLER談: いささか我田引水のようなところもあるようですが,水野温審議委員を従えて2回も利上げしたからまあ「利上げ好き」としての本懐を遂げたのではないでしょうか。


「それから、何が良かったか、何が良くなかったかといった細かいことま
で今は整理できておりません。いつも申し上げている通り、振り返って色々と自
己点検をするのは、私の行動パターンの中にあまりビルトインされておりません。
皆様方でどうぞ自由に評価するなり批判するなりして下されば良いと思っており
ます。」

EURO SELLER談: これは,なんとなく福井前総裁のキャラクターとして想像しやすいですね。前向きに市場に対してイベントドリブンで対応していくためには,前言撤回,反省なし,損切りOKみたいで,ひょっとしたら福井ファンド作ってもうまくいくんじゃないの?

「私は、議論のペースが従来に比べて落ちていると思っておりません。諮
問会議の提案が与党の政策体系に取り入れられ、実行に結びつく時間的距離が比
較的短かった頃の状況に比べると、与野党逆転といった現在の政治構造の中で、
政治的プロセスが複雑化していると思っています。諮問会議のペースが遅くなっ
ていると捉えられがちなのは、そのためではないかと思います。これは非常に難
しいことであり、諮問会議が少し弛んでいるということではないと思います。」

EURO SELLER談: 大人の答えだよねえ。その点ではこの人はKYではないね。

「(問) 退任された後の人生設計は考えていらっしゃらないということですが、
今日終わって何かやりたいことありますか。
(答) 今日はビールを一杯飲みたい気分ですが、特別の予定はありません。」

EURO SELLER談: 本当にお疲れさまであります。しばらく充電したらまた新しいことをはじめてください。

グッドフライデー休場後の市場の反応

■ 金相場は続落ではなく,調整段階にとどまっています。
Gold, Silver Rise on Speculation Last Week's Drop Was Overdone

■ 米中古住宅販売戸数が予想に反して上昇しました。
U.S. Economy: Existing-Home Sales Rise, Prices Fall (Update1)

■ MBIAの格付けを現状維持にするとFitchが発表しました。※
http://www.fitchratings.com/corporate/events/press_releases_detail.cfm?pr_id=413613
※ただし,FitchにMBIAの内部情報をどれだけ公開するかで,もめているらしいので注意が必要です。

■ JP Morganがベア・スターンズ社の買収金額を引き上げました。
U.S. Stocks Rise; Bear Stearns, Tiffany, Monsanto Shares Climb

結果として,これらは市場に好感されて,株式市場は上昇しています。円・スイスフランは,「質への逃避」の流れが後退し,対ドルで続落しています。これらの二つの通貨に対するレートは,既に昨日のレンジ予想をブレイクしてしまいました。ごめんなさい。一方,ポンドやユーロは,今のところ円・スイスフラン比べると,対ドルに対して小動きです。さらに,これらの結果はコモディティ通貨やBRICS株式にも悪くない状況です。

今晩は,システムがGBP/JPYの買いサインを発令中です。
それからもう一つ付け加えると,円がらみの3月のレパトリは完全に先週で終わった(中には先々週のレートを見て,3月17日に朝一で執行した企業もいるらしいです。)と思いますので,クロス円の輸出企業戻り売りのフタは取れたと思いますよ。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code