EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

質への逃避はいったん終了の予感

今日のドルスイスの上昇およびドル円の上がり方を見ていると,いったん低金利通貨への質への逃避は終了したのかなと思えてきます。クレジット・クランチ問題から米国景気後退の問題への移行が以前よりはっきりと市場に理解されはじめてきたのでしょうか。

昨年秋のCitiへのアブダビ投資庁の出資を契機にドルが持ち直したように,昨日のバフェットのモノラインへのプロポーザルが,(個別企業がどうなるかはさておき)一方的なドル安からの脱却に役立つ心理的影響は大きいのかもしれないです。もちろん,先週のISMショックを打ち消すような経済指標があるほうがさらに良いに決まっていますが…

私の現在の予測では,以下の3本柱は変わっていません。

■ フラン高・円高局面のいったんの調整とドルの短期的な回復
■ ポンドの継続的な下落基調
■ ユーロの中期的な反落予測

※週初の予測のドル円の上値は早くも脅かされそうですね。ドルスイスの1.12フランも全くないとは言えなくなりました。

2/14 8:00追加:
小売売上高は予想のマイナスからプラスでした。
U.S. Economy: January Retail Sales Unexpectedly Rise (Update5)

米1月小売売上高(前月比): +0.3% [予測値-0.3%,前月-0.4%]
米1月小売売上高(前月比/除自動車): +0.3% [予測値+0.2%,前月-0.3%]

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Forex Rates

This site's QR Code