EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

株式と為替の感覚

株式と為替の両方をやっている人はあまりないのではないかとコメントをいただきました。
確かに感覚は違いますね。私の場合…

■ 株式は宝探し
株式の場合は,他の人がお宝だと思わないものをサーチする楽しみがあります。そういう株は暴騰する前に買うので買うタイミングはあまり関係ありません。天井で売るのが難しいので,上がっている株をさらに買い上げる度胸が私にはあまりありません。そして,デイトレを行わないので日足・週足のチャートしか見ませんし,主にファンダメンタルが中心の選別です。

■ 為替は波乗り
為替の場合は,通貨ペアは株式に比べて圧倒的に少ないので宝探しの感覚は全くありません。皆が同じ条件で売買をしなければいけないので,その売買タイミングが一番重要です。たとえて言うなら波乗りに似ています。どの波に乗るかどのタイミングで乗るかという違いが個人のパフォーマンスに直結します。以前にも述べたように,長期ではファンダメンタル分析を重視し,短期ではテクニカル分析を重視します。

■ ファンダメンタル分析は株式・為替どちらにも有効
為替の場合は,テクニカル(チャート)分析のみという方も結構おられますね。週末ギャップ以外は24時間トレードができることや自動売買の環境などが整っていることなどからその傾向は強まっていると思います。完全にテクニカル分析で為替トレードを行う人は,逆にファンダメンタル分析が邪魔になると考える場合もありますので,その場合は何も先入観が無いほうがよいのかもしれません。一方,私は1時間足ではシステムトレードでの自動売買をしますが,週足を見ながらスワップ益を取りに行くこともあります。後者の場合は,やはりファンダメンタル分析に基づく当該通貨の長期的なブルベア展望が必要です。そして,通貨や世界経済のファンダメンタル分析を行った結果,どんなセクターの銘柄を選んでいくかという株式のおおまかなカテゴリー選びにも役立っていますので,私の場合はファンダメンタル分析はどちらにも有効ということです。

ドル円・ユーロドル・ドルスイス+ポンドの今週の展望



先週は再度FOMCによる利下げがあったのですが,モノラインがらみのゴタゴタがまだ収まっていないようで,(株式市場はだいぶ戻しましたが)為替市場としては一進一退でした。この差は何なのでしょう。為替市場の参加者は,モノラインといわれても実はピンと来ないのだろうと思います。なんとなく株式市場にあわせて動いている受動的な感じがいたします。本当の答えはまだ出ていませんが,今週はもう始まってしまいます。

ドル円は,安値は105円半ばでとどまって先々週より切り上げていますが,高値は107円半ばでこちらは先々週より下がっています。また,終値は微妙に20銭程度下げた陰線でした。よって,下値は試しに行って105円は堅いのですが,上値はドルが上がる材料が見つかっていないためはっきりせず,当面は108円までとします。



ユーロドルは,週初の米経済指標の悪さとユーロとドルの金利差がさらに拡大したことから,上値が1.4930ドルあたりまで上昇し,週末の金曜日の指標がまずまずだったので,1.47ドル台まで戻して終値を迎えました。一方,下値は月曜日につけた1.4660ドルまでしか下落しなかったので大外しの一週間でした。先週の予測では,FOMCの再利下げによる影響を全く気にしておらず完全なテクニカルな予測になってしまいました。m(__)m

今週は,いよいよドイチェバンクを始めとする欧州金融機関の決算発表が始まります。決算内容次第では大きくボラティリティが上がるでしょう。上値はさすがに今週も1.4950ドルまでで踏みとどまるとは思います。一方,下値は1.47ドル半ばか後半で少しもみ合いになると予想しています。そこを割れば1.46ドルに突入すると思いますが,サポートを1.4610ドルあたりに見ているので1.46ドル台は堅いと見ています。



ドルスイスは,あともう一回FOMCが25BP利下げすると,金利差が無くなってしまうのですね。FOMCの再利下げにより,1.07フラン台にまで下落しましたが,1.07フランジャストでのオプションを防戦買いしている人たちがいるような値動きです。

週足終値でも先々週よりさらに50PIPS程度下がってしまいましたので,もう徳俵はありません。さば折り状態になりながら1.08フランをキープできるかが見物です。そのようなわけで,下値は1.07フランで上値は1.10フランと予測します。下落圧力が高まっているので,1.07フランを割った瞬間の逆指値の売りは試せるかも知れませんが,どこにも買い出動するタイミングはありません。先々週,1.10フラン付近でとどまっているなら売りも買いもできずに様子見といったことを思い出してください。



ポンドドルは,週初から堅調でしたが,週末金曜日の経済指標等で一気に下落し,終値=安値で引けました。とは言え,先週の下値サポート1.96ドルを割ることはなかったので,今週明けにギャップをつけて下がるかどうかが注目です。週の終わり方から考えて,先週よりレンジを50PIPS下げて,上値は1.9950ドルで下値は1.9550ドル程度と見ていますが,週明けのギャップ次第で1.95ドル割れも視野に入れます。また木曜日にBOEが利下げしたら1.94ドル割れの可能性も出てきます。ドルも弱いことは弱いのですが,ポンドはさらに弱いイメージがここのところ続いています。

いつものように,週足を209.55円で終えたポンド円は計算により算出します。

ドル円のレンジ:105.00円〜108.00円
ポンドドルのレンジ:1.9550(1.9400)ドル〜1.9950ドル

から,計算値は205.28(203.70)円〜215.46円となりますが,ドルの上昇・下落時の影響を考えて207.50(205.50)円〜213.50円くらいでしょうか。※カッコ内はBOEの利下げ時の下値予想

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Forex Rates

This site's QR Code