EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

FOMC statement on 01-30-2008

ほぼ大方の予想に従い0.5%の利下げであり,今回の声明には,financial marketsに'stress' という表現を使ってはいますが,'deterioration'という強烈な言葉は使われていません。

昨年の12月の利下げ時の表現:
Recent developments, including the deterioration in financial market
conditions, have increased the uncertainty surrounding the outlook for economic
growth and inflation.


とは明らかに違いますね。住宅市場および労働市場などの実体経済にさらに配慮した表現となっています。さらに,フィッシャー・ダラス地区連銀総裁が一人据え置きを主張しています。

*** Release Date: January 30, 2008 ***

For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to lower its target for the federal funds rate 50 basis points to 3 percent.

Financial markets remain under considerable stress, and credit has tightened further for some businesses and households. Moreover, recent information indicates a deepening of the housing contraction as well as some softening in labor markets.

The Committee expects inflation to moderate in coming quarters, but it will be necessary to continue to monitor inflation developments carefully.

Today’s policy action, combined with those taken earlier, should help to promote moderate growth over time and to mitigate the risks to economic activity. However, downside risks to growth remain. The Committee will continue to assess the effects of financial and other developments on economic prospects and will act in a timely manner as needed to address those risks.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Donald L. Kohn; Randall S. Kroszner; Frederic S. Mishkin; Sandra Pianalto; Charles I. Plosser; Gary H. Stern; and Kevin M. Warsh. Voting against was Richard W. Fisher, who preferred no change in the target for the federal funds rate at this meeting.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 50-basis-point decrease in the discount rate to 3-1/2 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Cleveland, Atlanta, Chicago, St. Louis, Kansas City, and San Francisco.

目に見えない信用不安から目に見える景気後退へ

2007年4QのGDPは年率換算0.6%プラスという大幅な低下となり,市場予想の1.2%プラスの半分でした。

U.S. Economy Expanded 0.6 Percent, Less Than Forecast (Update2)

しかし,ドルは円やフランに対してドル安にはなりませんでした。また,この日記を書いている段階の序盤のNY株式市場も若干の下げにとどまっています。このあと,FOMCでの利下げが0.5%なのか0.25%なのかはたまた0.75%の可能性があるのかわかりませんので様子見の色合いが濃いですが,それでもあまり変化無いのはどうしてでしょう。いくつかの理由が考えられますが,私はまず第一に,目に見えない信用不安から目に見えるもの景気後退への不安の転換が行われていると思います。

これまでサブプライム問題からクレジットクランチ(信用不安)の問題に移行して,損失がどれくらいにあるかわからない不安,あるいはどこかつぶれるのではないかという不安がありました。これらは市場がかつて経験したことのない投資家たちの恐怖を巻き起こしました。しかし,ようやく4Qの決算も少しずつ開示され,目に見えない信用不安は目に見える損失となって明らかになってきました。つまり,霧が覆っていて底なしに見える谷を降りていくのはものすごーく不安だったのが,霧が晴れてきて底は深いけれども奈落ではないなということを市場は徐々に確認しだしたのだろうと思います。(この点で,問題を先送りせずに積極的に損失を開示したのは問題の早期解決のために大変良いことでした。)

FOMCの利下げのロープも命綱として何本も張り巡らされることも保証されています。モノラインの破綻という崖の崩落の懸念もありましたが,それもなんとか回避されそうです。政府の景気対策が与野党合同で策定されようとしていますので,補給路もしっかり確保された形で谷底への探索を続けることができます。

こうして,従来型とは違った信用不安の問題から目に見える景気後退という問題に置き換わったということは,市場にある種の安心感を与えています。(LIBORも昨年末の異常な上昇から下がってきています。一時的な円高・フラン高が徐々に調整されるのもこの同じ流れです。)もちろん,景気後退の流れの中で特定の会社がつぶれたり人員削減を行うことは今後もあるでしょうが,それでも見慣れた景気後退という不安のほうが市場は対処しやすいのです。

加えて以前述べたように,市場はドルの悪材料を無視しだしたのではないかと考えています。それはもっと売りたい欧州通貨があるからです。なぜ,売りたいかというと,

■欧州の金融セクターはまだ損失を隠しているのではという懸念がもたれています。これについては,2月の決算発表を続々待たねばなりません。
■スペインと英国における住宅バブルの崩壊の影響もまだ未知数のままです。
■欧州通貨はこれまで買われすぎてきたという実績もありますので,ポジションを解消したいという流れもごく自然です。
■オイルマネー・中国マネーともドル建てで外貨準備高を持っている割合が高く,そこには腐っても基軸通貨のドルの強みが現れています。これ以上のドルの毀損を望まない利害関係者が多すぎるのです。ドルはなくなってもいい、ユーロの時代だと真剣に考えているのはロシアぐらいではないでしょうか。当のECBだって,今すぐにドルの代わりができるなどとは考えていないでしょう。

などが思いつきます。最初の2つは,市場が信用不安のときに感じていたのと同じ恐怖です。これは実際に損失の規模が明らかになるまで断続的に続きます。後の2つは現実の市場の状況から導き出されるもので,いわば決定的なカタリストが現れるまで暗黙の了解の下にあります。

あとになってわかることですが,株式市場・為替市場とも先週から今週にかけての相場の変化は転換点になったかもしれない状況の変化だと思います。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code