EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ベア・スターンズのファンドの損失の原因

In Unforgiven Margin Call, Bear Funds Failed on Merrill CDOs

ベア・スターンズのファンドはメリル経由でCDOの相対取引をしていました。
CDOが市場で額面1ドル当たり20セントでしか売れずに安値を更新していったので,メリルがマージンコールを宣言し,ベア・スターンズのファンドは破産してしまった。
(もちろん,レバレッジの高さでマージンコールになったのだと思いますが…)

当のメリル自身もCDOの市場でカバーしていたわけで,CDOがくず同然でしか売れなくなってしまうと,とうとう巨額の損失を計上せざるを得なかったということです。

いかに金融商品には流動性が大切かと言うことです。高金利だからといって取引の少ないマイナーな通貨を買うのはやめましょう。



2008/01/19追記:
すこし質問を受けたので,BISの資料の通貨流通量の図を貼っておきます。

これによると,
1.南ア・ランドの流通量は,ドルの約100分の一ですし,円の約18分の一でもあります。こういう通貨は,いったん暴落すると買い手が付かないので注意が必要です。
2.ルーブルも流通量が少ないですよね。ロシアは原油取引に自国のルーブルを使用させたいようですが,この流通量でそんなことを言い出すのは100年早いと言わねばなりません。(^_^;)
3.トップ8とニュージーランド・ドル,ノルウェー・クローネとデンマーク・クローネ以外が,エマージェンシー市場通貨といわれているようです。流通量が少なくても先進国の仲間入りさせてもらえる3カ国は少しはうれしいかな?

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code