EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

FOMC statement on 01-30-2008

ほぼ大方の予想に従い0.5%の利下げであり,今回の声明には,financial marketsに'stress' という表現を使ってはいますが,'deterioration'という強烈な言葉は使われていません。

昨年の12月の利下げ時の表現:
Recent developments, including the deterioration in financial market
conditions, have increased the uncertainty surrounding the outlook for economic
growth and inflation.


とは明らかに違いますね。住宅市場および労働市場などの実体経済にさらに配慮した表現となっています。さらに,フィッシャー・ダラス地区連銀総裁が一人据え置きを主張しています。

*** Release Date: January 30, 2008 ***

For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to lower its target for the federal funds rate 50 basis points to 3 percent.

Financial markets remain under considerable stress, and credit has tightened further for some businesses and households. Moreover, recent information indicates a deepening of the housing contraction as well as some softening in labor markets.

The Committee expects inflation to moderate in coming quarters, but it will be necessary to continue to monitor inflation developments carefully.

Today’s policy action, combined with those taken earlier, should help to promote moderate growth over time and to mitigate the risks to economic activity. However, downside risks to growth remain. The Committee will continue to assess the effects of financial and other developments on economic prospects and will act in a timely manner as needed to address those risks.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Donald L. Kohn; Randall S. Kroszner; Frederic S. Mishkin; Sandra Pianalto; Charles I. Plosser; Gary H. Stern; and Kevin M. Warsh. Voting against was Richard W. Fisher, who preferred no change in the target for the federal funds rate at this meeting.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 50-basis-point decrease in the discount rate to 3-1/2 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, Philadelphia, Cleveland, Atlanta, Chicago, St. Louis, Kansas City, and San Francisco.

目に見えない信用不安から目に見える景気後退へ

2007年4QのGDPは年率換算0.6%プラスという大幅な低下となり,市場予想の1.2%プラスの半分でした。

U.S. Economy Expanded 0.6 Percent, Less Than Forecast (Update2)

しかし,ドルは円やフランに対してドル安にはなりませんでした。また,この日記を書いている段階の序盤のNY株式市場も若干の下げにとどまっています。このあと,FOMCでの利下げが0.5%なのか0.25%なのかはたまた0.75%の可能性があるのかわかりませんので様子見の色合いが濃いですが,それでもあまり変化無いのはどうしてでしょう。いくつかの理由が考えられますが,私はまず第一に,目に見えない信用不安から目に見えるもの景気後退への不安の転換が行われていると思います。

これまでサブプライム問題からクレジットクランチ(信用不安)の問題に移行して,損失がどれくらいにあるかわからない不安,あるいはどこかつぶれるのではないかという不安がありました。これらは市場がかつて経験したことのない投資家たちの恐怖を巻き起こしました。しかし,ようやく4Qの決算も少しずつ開示され,目に見えない信用不安は目に見える損失となって明らかになってきました。つまり,霧が覆っていて底なしに見える谷を降りていくのはものすごーく不安だったのが,霧が晴れてきて底は深いけれども奈落ではないなということを市場は徐々に確認しだしたのだろうと思います。(この点で,問題を先送りせずに積極的に損失を開示したのは問題の早期解決のために大変良いことでした。)

FOMCの利下げのロープも命綱として何本も張り巡らされることも保証されています。モノラインの破綻という崖の崩落の懸念もありましたが,それもなんとか回避されそうです。政府の景気対策が与野党合同で策定されようとしていますので,補給路もしっかり確保された形で谷底への探索を続けることができます。

こうして,従来型とは違った信用不安の問題から目に見える景気後退という問題に置き換わったということは,市場にある種の安心感を与えています。(LIBORも昨年末の異常な上昇から下がってきています。一時的な円高・フラン高が徐々に調整されるのもこの同じ流れです。)もちろん,景気後退の流れの中で特定の会社がつぶれたり人員削減を行うことは今後もあるでしょうが,それでも見慣れた景気後退という不安のほうが市場は対処しやすいのです。

加えて以前述べたように,市場はドルの悪材料を無視しだしたのではないかと考えています。それはもっと売りたい欧州通貨があるからです。なぜ,売りたいかというと,

■欧州の金融セクターはまだ損失を隠しているのではという懸念がもたれています。これについては,2月の決算発表を続々待たねばなりません。
■スペインと英国における住宅バブルの崩壊の影響もまだ未知数のままです。
■欧州通貨はこれまで買われすぎてきたという実績もありますので,ポジションを解消したいという流れもごく自然です。
■オイルマネー・中国マネーともドル建てで外貨準備高を持っている割合が高く,そこには腐っても基軸通貨のドルの強みが現れています。これ以上のドルの毀損を望まない利害関係者が多すぎるのです。ドルはなくなってもいい、ユーロの時代だと真剣に考えているのはロシアぐらいではないでしょうか。当のECBだって,今すぐにドルの代わりができるなどとは考えていないでしょう。

などが思いつきます。最初の2つは,市場が信用不安のときに感じていたのと同じ恐怖です。これは実際に損失の規模が明らかになるまで断続的に続きます。後の2つは現実の市場の状況から導き出されるもので,いわば決定的なカタリストが現れるまで暗黙の了解の下にあります。

あとになってわかることですが,株式市場・為替市場とも先週から今週にかけての相場の変化は転換点になったかもしれない状況の変化だと思います。

MBIAのファンダメンタル



ここで述べたニュース以降,短期的にはAmbacのほうが株価の上昇度は高いようですが,ファンダメンタル的には断然にMBIAのほうが良いようです。図1がMBIAのファンダメンタルの情報です。

まず,MBIAは株の急落のためPBRが0.29,PERが3.64という割安さです。ROEもこの手の金融保証会社では地味なので8%越えならまあいいでしょう。

次にMBIAがどういう割合で金融商品を保証しているかの調査です。2008年1月16日にFitch RatingsがRatingを据え置いたボンドの割合は以下の通りです。

地方債等公共セクター: 172,817
国内企業: 156
新興国企業: 6

2007年12月20日にFitch RatingsがRatingを格下げしたボンドの割合は以下の通りです。

地方債等公共セクター: 172,860
非公共セクターCDO等: 162

もちろん,これがすべてではありませんが,いまどき格上げされるボンドはあまり無いでしょうから,この割合が保証されている金融商品の割合なんだろうと思います。つまり,12月に格下げして1月にそれを据え置いたのがほとんどなんだということです。金額ベースではないのですが,ほとんどの保証は公共セクターのためのものなんだと改めて実感しました。仮に金額ベースで大きいかもしれない非公共セクターの保証のせいでデフォルトになれば,地方債の保証先がなくなってしまうので,やはりデフォルトにはできないでしょう。

次はサブプライムストレステスト(保有している金融商品を一定割合でレーティングを下げて,毀損した金融価値を計算するテスト)の他社との比較です。(図2:2007年9月発表)

これを見ると一番ストレスに強いと思われます。同じFitchRatingの資料によると,これにはレートAAAの金融商品の割合が多いことが関係しています。上場しているAmbacよりもさらにストレステストによる評価割合の減少は少ないです。

うーん,31日が決算発表なんですが,それまでにギャンブルするかそれとも様子見をしてから買うかを悩むところです。

Flavor Of Forex



動画職人シリーズ第3弾です。

タイトルから想像つくように,昨年1-3月にTV放映された「花より男子リターンズ」の主題歌,宇多田ヒカルの「Flavor Of Life」に乗せておくる成長するFXトレーダーの物語ということになっています。(本当は4番くらいまであるともっと成長できるのにね。)

ここから視聴できます。

なお,今後毎回違ったリンクを貼らなくても良いように,EURO SELLERの動画職人のエントリリンク集経由で公開リストページにジャンプしてください。

ソシエテ by 「…みたいな。」さん



替え歌で有名な「…みたいな。」さんが,ソシエテ・ジェネラルの不正取引損を,さっそく替え歌にしてくださっています。元歌は,アルプスの少女ハイジの主題歌だった「おしえて」だそうで,タイトルの語呂までしっかりそのままです。(^_^;)

なんとか,また原曲を見つけてきましたが,TVアニメのオープニングですので一番までしか演奏されておりません。曲を繰り返してトリミングし,つなぐところはフェードアウト・インで適当にごまかしました。ここから視聴できます。

なお,EURO SELLERの動画職人のエントリには,前作も含めた公開ファイルのリストを掲載しています。

ドル円・ユーロドル・ドルスイス+ポンドの今週の展望



先週は,ソジェンショックで欧州株式市場が暴落し,世界中の株式市場が悲鳴をあげる中,FRBが0.75%の緊急利下げを発表しました。その後,Ambacの救済のニュースが流れて懸念していたモノライン金融保証会社のデフォルトの危機は脱したようです。

ドル円は,週足の高値と安値の差は3円程度であまり大きいとはいえませんが,十字線に近い形で,106円台後半で終値を迎えました。2円程度上とは言え,上値は109円台が大変遠く見えます。もちろん,107円台・108円台共に戻り売りの嵐にさらされるでしょう。下値は,104.95円を水曜日に最安値としてつけてから反発していますから,当面はそれが破られない限り105.50円台から108.50円ぐらいのレンジ相場でしょう。



ユーロドルは,安値は1.43ドル台半ばまで落ちた後,上にも下にも行って来い相場となり,1.47ドル台後半を高値として,週足の終値は1.46ドル台後半です。最近はユーロに個人的に注目していることもあって,先週の予測の

1.45ドルを割ったら逆指値で売ります。一方,上値は先週より低く1.48ドル程度と思われます。

は適度に当たっていると思います。逆指値で利益が出た人も1.47ドル台後半で戻り売りをしてプラスになっている人もいることでしょう。今週の上値は,(下落して終わった週足に敬意を表して)1.48ドルからやや下がって1.47ドル台の半ば程度と思います。下値は引き続き1.45ドル割れがキーポイントです。ただし,先週は1.45ドルを割ってから,(急落と買戻しが速すぎて)昨年12月27日に直下でロングポジションを構築した人たちの投げがまだ発生していない模様なので,急激に下げ渋る可能性が高いです。

それでも,可能性は高くありませんが徐々に下落して1.43ドルを割ったら,上記の投げと付近のストップロスを誘発して1.41ドル台が見えてくるでしょう。



ドルスイスは,週足の終値が1.0971フランで,ダブルボトムの右側を何とか形が悪く保っているようにも見えます。大相撲の千秋楽で朝青龍は負けてしまいましたが,為替市場の朝青龍はなかなか粘り腰のようです。

このペアには,先週の指針がそのまま当てはまります。

1.10フラン付近でとどまっているなら売りも買いもできずに様子見です。上値は,1.12フランを明確に越えてくることを確認できるなら1.13フラン越えで打診買いして,次に1.15フラン越えで買い増しというようなシナリオです。(中略)一方,下値は,今のところ1.08フラン台で底堅いと思っていますので,1.08フランを割るまでは売れません。

手抜きではなく,動かない相場に手出しは無用です。



ポンドドルは,日柄的に上昇の限界であったのですが,それなりに長い下ヒゲをつけてダメかと思わせながら,300PIPS近くの大陽線で終わりました。

週足終値が先々週の高値を上回ったこと,先々週のさらに前の1月6日の週の高値付近であることから,さらに続伸が期待されるものの,上値は2.00ドル手前の戻り売りではね返されると思います。下値は,1.96ドルを大きく越えた時点でそこがサポートラインとなっています。

いつものように,週足を211.67円で終えたポンド円は計算により算出します。

ドル円のレンジ:105.50円〜108.50円
ポンドドルのレンジ:1.96ドル〜2.00ドル

として,最大振幅で掛け合わせると206.78円〜217.00円ですが,ドル円が上がるとポンドドルは下がる傾向がありますので,大体211.50円を中心としたプラスマイナス4円程度のレンジと見積もります。何度も言うようですが,ポンド円はそのチャートを見て売買するトレーダーの出来高が非常に少ないですから,ドル円とポンドドルのレートで自動的にレートが決められてしまうと思ってください。

ユーロドルの行方(2)

2005年5月16日以降の市場の反応です。

【5/16のN.Y.外為市場概況】
5月のNY連銀景況指数が2003年4月以降で最低となり、また3月の対米証券投資データで買い越し額が事前予想よりも少なかったことで・・・ユーロ・ドルは1.2651まで上昇、1.2640前後で引けた。
【5/17のN.Y.外為市場概況】
4月の米・生産者物価指数が予想以上の上昇を記録、…この日米・財務省が発表した半期毎の為替報告で中国が為替操作国として認定されていない事を理由にドル買いが優勢と
なった。ユーロ・ドルは1.2653まで上昇したが、ドル・円相場の反発をにらんで1.2595まで下げた。
【5/18のN.Y.外為市場概況】
4月の米コアCPI指数が前月比で変わらずとなったことを背景に米国10年債利回りが低下、この動きをにらんで外為市場ではドル売りが先行した。ユーロ・ドルはOECDがユーロ圏の経済成長見通しを下方修正することが材料視され、1.2608まで下落したが、FT紙の報道で一時1.2691まで上昇した。
【5/19のN.Y.外為市場概況】
前週分の失業保険新規申請件数が市場予想以下(321K)となり、モデル系ファンドなどのドル買いでドル・円は107円69銭に上昇した。5月のフィラデルフィア連銀景況指数の低下でドル売りは強まる局面もあったが、ユーロ・円を中心にクロスの円売りのフローが散見され、…ユーロ・ドルは1.2603まで下げたが、マクロ系のファンドがユーロ買いを仕掛けたようで1.2645まで反発した。
【5/20のN.Y.外為市場概況】
グリーンスパンFRB議長が「中国人民元はいずれ切り上げられる」と発言したことが意識されてドル・円は伸び悩みとなり、…ユーロ・ドルは、EU憲法に対するフランスの国民投票に関する世論調査で、反対派が過半数を占めている事を背景にユーロ売りが広がったが、1.25台前半ではロシア中銀とみられるユーロ買いが観測されており、最後は1.2560-65に戻した。
【5/23のN.Y.外為市場概況】
ユーロ・ドルは1.2500付近でロシア中銀がユーロ買いを継続しているとの見方で1.2598まで上昇した。ECB総裁が必要ならば利上げを実施すると発言したことも材料視されたようだ。
ただ、その後はEU憲法批准に関するフランス国民選挙の世論調査で反対派が増加した事やアメリカのアセットマネジャーが欧州株を売却しているとの理由でユーロ・ドルは伸び悩んだ。
【5/24のN.Y.外為市場概況】
4月の米・中古住宅販売件数が過去最高を記録したことを背景にドル・円は107円58銭まで反発した。この日は5月3日開催分のFOMC会合の議事録が公表されたが、インフレ懸念については一部の市場関係者が期待していた見解は示されていなかったようだ。ユーロ・ドルはN.Y.市場で1.2590まで戻したが、1.26台前半にはオファー興味が残されていたようだ。
【5/25のN.Y.外為市場概況】
朝方はモデル系やモメンタム系ファンド筋のドル売りが先行したが、4月の新規住宅販売件数が過去最高水準を記録したことや中国の政府高官が人民元早期切り上げの可能性を否定したことなどを背景にドル買いが広がった。アトランタ連銀総裁のタカ派的なコメントもドル買い材料となった。ユーロ・ドルはロシア中銀のユーロ買いや中期マクロファンド筋のショートカバーで1.2620まで上昇したが、アジア筋のオファーに上値を抑えられた。

※このあたりではまた迷いが生じていますが…

【5/26のN.Y.外為市場概況】
2005年Q1の米GDP改定値が上方修正されたが、市場予想を下回っていたことからドル・円は108円銭前後まで下落した。ユーロ・ドルはフランス国民選挙の世論調査でEU憲法の否決観測が強まり、米投資銀行のユーロ売りで一時1.2494まで下落した。その後もユーロの戻りは鈍く1.2510前後で引けた。

※やっぱり,このEU憲法否決観測がユーロドル下落の決め手だったような気がします。今度はユーロ側の不利なニュースがダメ押しになったのが興味深いです。

【5/27のN.Y.外為市場概況】
この日発表されたコア個人消費支出(PCE)価格指数は予想通りの水準となったが、米系カストディアンのドル買いが優勢となり、ドル・円は108円10銭まで上昇。5月のミシガン大学消費者信頼感指数の確報値が市場予想を上回ったことでドル・円は下げ渋った。ユーロ・ドルはEU憲法批准のフランス国民選挙での“否決”を市場は織り込んだとみる投資家の買い戻しで1.2589まで上昇。
【5/30の欧米外為市場概況】
ロンドン市場はバンクホリデー、N.Y.市場はメモリアルデーのため外為市場はクローズ。フランスの国民投票でEU憲法の批准が否決されたため、ユーロ売りが優勢となり、ユーロ・ドルは1.2465まで下落、ユーロ・円は134円55銭まで下落した。

※決して週末や祝日のニュースを侮ってはいけませんよ。

【5/31の欧米外為市場概況】
5月のシカゴPMIが市場予想を下回ったことを理由に,…ユーロ・ドルはシカゴPMIがリリースされた後に1.2369まで反発したが、モデルベースファンドが1.2300のオプショントリガーを狙ったユーロ売りを仕掛けて、ユーロ・ドルは一時1.2296まで下落した。
【6/1の欧米外為市場概況】
5月のISM 製造業指数が予想以下となったことを理由にドル売りが先行したが、オランダ国民投票でもEU憲法批准が否決されたとの報道で(出口調査結果より)ユーロ売り・ドル買いが広がり、…ユーロ・ドルは1.2274まで反発したが、モデルファンドなどのユーロ売りに押されて1.2160まで下落した。

※最後は,経済要因より政治要因が勝ちました。

まとめると,ドルは対ユーロに対して,

1)レンジ相場では,良い指標に堅調に,悪い指標に弱含む普通の反応です。
2)ドルの上昇トレンドが形成し始めると,良い指標に強く反応し,悪い指標は無視し始めます。
3)最後は,上昇トレンドでは対ドル通貨の不利な(しばしば政治的)ニュースによってダメ押しされます。


2)や3)は,下降トレンドでは,悪い指標に強く反応し,良い指標を無視し始めることが起きたり,対ドル通貨の有利なニュースでダメ押しされるのでしょう。また,市場が普段は圧倒的に米経済指標のみを見ていることがわかります。ユーロの経済指標は,日々のボラテリティを形成しているだけですね。

私は,今の状況はあまりドルの悪材料に反応しない2)に近い感じがしているのですが,皆さんはどう思いますか。

ユーロドルの行方(1)



Prodi's Resignation May Herald Berlusconi's Return (Update4)

イタリアのプローディ政権が崩壊し,またまたメディア業界を牛耳っているACミランのオーナーでもあるベルルスコーニが復活かもしれません。イタリア政治のゴタゴタは極東の某国なみです。ひょっとすると,これはユーロ下落に影響を与えるニュースかもしれません。

忘れもしない2005年の春から夏にかけての下落は,4月25日月曜日の週に最後の1.30ドルをつけてから,図のように翌週ダブルトップのネックライン辺りである1.28ドル前半をつけたあたりから加速したと思っています。

その週から6月1日までのファンダメンタルに市場がどう反応したか,過去のFiscoのニュースからログを起こしてみました。(一部情報の無い日があります。また,ユーロドルに関係ない部分は省略していますがご了承ください。)

【4/25のN.Y.外為市場概況】
ユーロ・ドルはユーロ圏の経済見通しの悪化やユーロ憲法を多くが支持していないとの懸念などを背景に弱含み。米大手投資銀行のユーロ売りも観測されており一時1.2954まで下落した。ただ、ロシア勢のユーロ買いやインターバンクのショートカバーでユーロ・ドルが1.3005前後まで反発した。
【4/26のN.Y.外為市場概況】
3月の米・新築住宅販売件数が過去最高を記録したこと(143.1万件)を理由に、朝方はドル買いが優勢となった。ユーロ・ドルはリアルマネー、中東勢、本邦資本筋のユーロ買いが観測されており、1.2980前後まで戻して引けた。
【4/27のN.Y.外為市場概況】
3月の米・耐久財受注の水準が予想を下回ったことを理由にドル売りが優勢となり、ユーロ・ドルは1.2989まで買われたが、ドイツ10年債のイールド低下をにらんで1.2922まで売られる局面があった。
【5/5のN.Y.外為市場概況】
S&P社が米GM、フォードの信用格付けの引き下げを発表した事からドルは弱含みとなった。ユーロ・ドルは通貨オプション絡みのユーロ売りが1.2990近辺に置かれていたもようで、1.2926まで下落したが、ロシア中銀のユーロ買いやGM、フォード社の格下げをきっかけに反発した。
【5/6のN.Y.外為市場概況】
4月の米・雇用統計が予想を大幅に上回る内容であったことからドルが堅調に推移した。ユーロ・ドルは米モデル系ファンド筋やシカゴIMM筋の売りに押されて1.2845-50(200日移動平均水準)を割り込み、1.2810まで下落した。1.2800近辺のバリアー防戦買いや「北朝鮮が核実験準備か?」とのニュースが下値を支え1.2815前後で引けた。

ここまではネックラインを維持しています。強い指標に堅調,弱い指標に弱含みといういたって普通の反応です。この週以降と市場の反応がどう違うかを見てください。

【5/9のN.Y.外為市場概況】
この日発表された3月の米・卸売在庫が予想以上に低い数字であった …ユーロ・ドルは1.2810まで下落したが、1.2800以下ではアジア中銀や東欧中銀のユーロ買いオーダーが控えているとの観測で1.2848まで上昇、結局1.2840前後で引けた。
【5/10のN.Y.外為市場概況】
3月の米・貿易収支の発表を翌日に控えていたことから様子見ムードが広がった。ユーロ・ドルは1.28以下にロシア中銀のユーロ買いが控えているとの噂で1.2890まで上昇、1.2880前後で引けた。
【5/12のN.Y.外為市場概況】
4月の米・小売売上高が予想以上に増えた事からドルが全面高。ユーロ・ドルは1.27近辺でロシア中銀のユーロ買いや通貨オプション絡みのユーロ買いなどが散見され、一時的には下げ渋ったが、N.Y.時間の夕方近くに1.2683まで一段安となり、結局1.2695前後で引けた。
【5/13のN.Y.外為市場概況】
短期筋がドル売りポジションの縮小に動いた影響でドルは全面高の展開となった。5月のミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回る水準となったが、モデル系ファンド筋のドル買いでストップロスが誘発され、…ユーロ・ドルは1.2610まで下落したが、1.2600前後でロシア中銀や通貨オプシヨン絡みのユーロ買い興味が散見されており、結局は下げ渋った。

※このあたりから市場は,ドルにとって有利な経済指標には強く反応し,不利な反応は無視し始めます。

(続く)

【緊急更新】Ambacに救済案が浮上


Banks, New York Regulator Meet on Bond Insurer Rescue (Update4)

こういうニュースが出るようでは更新しないわけにはいきません。AmbacはCDOだけでなく地方債つまり公的セクターの金融保証もしています。ここがつぶれると困る州や自治体が多いはずなのです。

私の企画倒れのページ(為替をやっている人はあまり株には興味が無いのかな…)の私の答えは,

「たぶん,どちらを買っても損はしない。モノラインがつぶれると信用社会のアメリカ経済は完全に打ちのめされてしまうからです。どちらかというと,MBIAのほうが米国外保証が多いのでより安全かもしれない。」

でも,上記の理由でAmbacも危なくなったらこういう公的機関が救済するだろうと踏んでいました。ところで,Ambacの格付けを下げたFitch RatingsのHPにはいつも興味深いレポートやニュースが載っていて,特に個別株にも興味がある人は,Corporate FinanceのNewsletterのページの毎週発行のLeveraged Finance Weeklyを見ておいたらいいんじゃないでしょうか。

その他,CDO関連では,

2008 Global Structured Finance Outlook - Economic and Sector-by-Sector Analysis - Amended

Fitch Ratings 1991-2006 U.S. Structured Finance Transition Study

などは全体がわかって良いですね。なお,これらのページはメールアドレスを無料で登録してからログインすると見られます。ダウンロードしてゆっくり読んで見てください。

2007年12月YTDヘッジファンド成績



2007年12月は今から思えば,11月の株安,ドル安の影響から持ち直した(嵐の前の静けさの)月でした。月間で一番成績が良かったのはエネルギーセクターファンドでした。原油が1バレル100ドルを目指していたからです。二番目は下の10種類には示してありませんが,カントリースペシフィックファンドでした。あと,年間を通じてはオプション戦略ファンドが安定していたように思います。

1.モーゲージ組成ファンド 24.05% (最後は利食いしても堂々1位)
2.エマージング市場ファンド 21.85% (BRICSの力で指定席の2位)
3.エネルギーセクターファンド 16.44% (年間を通じて優秀で定位置を確保)
4.オプション戦略ファンド 14.06% (2007年のような年にはリスク限定で着実)
5.テクノロジーセクターファンド 13.51% (11月の影響はまだいえずに5位に)
6.ヘルスケアセクターファンド 11.98% (ディフェンシブ銘柄らしく落ち込まないで6位に)
7.ロング&ショート戦略ファンド 11.38% (時にはショートができて良かったということ)
8.ロングオンリー戦略ファンド 9.68% (安心していられるのも年末まで…)
9.企業買収ファンド 6.44% (買収案件もほぼ終わってイーブン) 
10.ファイナンスセクターファンド −5.83% (結局,浮上できず潜水中)

2007年を象徴するようなモーゲージ証券を売りまくった人たち,BRICSに狙いをつけた人たち,エネルギー関連に投資した人たちがベスト3を占めました。この勢力図が2008年1月から変わってしまうのでしょうか。お楽しみです。

***

さて,私事ですが,週後半から本業の出張であすから本格的な準備に入りますので,木曜日と金曜日は更新ができない予定です。ご了承ください。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code