EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

【緊急更新】ポンドドルは2.00ドル割れの可能性あり



ポンドドルが今,2.0100ドルを割りそうな雰囲気になってきました。(図参照)

昨日から今日にかけて少し上がったので安心していましたが,一目均衡の雲に跳ね返され,今度は17日の安値付近の2.0100ドルを試しに来ている状況です。2.0100ドルを割ったら勢いでサイコロジカルなサポートレベル2.00ドルを試しに来ると思われます。

既に週足では,ポンドルは上昇トレンドとして許されるバンド幅の下限を少し下回っている模様(今週はその下限は,2.0200ドル直下程度)で,そういうトレンドラインを外れると,あとはサポートレベルを下抜けするかどうかに焦点が移ります。

2.00ドルを割ったら,ポンドドルはいったん上昇トレンドの本格的な調整段階になったと考えたほうがよいでしょう。そうなると,ポンド円のレンジ相場にも下方シフトが入ると思います。いずれにしろ,2.00ドルで跳ね返されるかどうかはポンド系のロングポジションの将来に影響がありますので,該当する人は注意してください。

ECBの資金供給は史上最大

Money Market Rates Tumble; Central Banks Inject Funds (Update1)

本石町日記さんが,ここで説明してくれているとおり,確かに何日にもかけて出し入れする総額を計算しても意味がないのですが,348.6 billion euros ($501.5 billion)の一日供給と言うのは半端じゃないですね。

【ECBの供給】は
95 billion euros ($130 billion) on Aug. 5
2.435 billion euros ($3.5 billion) on Dec. 17
348.6 billion euros ($501.5 billion) on Dec. 18

ちなみに,【FEDとBOEの供給】は,
$20 billion on Dec. 17 by FED
10 billion pounds ($20.2 billion) on Dec. 18 by BOE

今年の資金供給の1,2位はECBがぶっちぎりで独占しています。が,UBS以外の欧州系銀行の債券損失は現在低めに見積もられているため,あまり深刻さは伝わってきていません。決算発表まで損失公表を伸ばそうというのはかえって身のためにならないと思いますが,2月以降が楽しみです。個人的には,久しく思いっきりユーロを売ってはいませんのでね。

【2月の欧州系金融機関の決算発表日】
Deutsche Bank: 2008/02/07 (4Q)
Credit Suisse: 2008/02/12 (4Q)
UBS: 2008/02/14 (4Q)
Barclays PLC: 2008/02/19 (4Q)
BNP Paribas: 2008/02/20 (4Q)
Lloyds TSB: 2008/02/22 (4Q)
Royal Bank of Scotland: 2008/02/28 (4Q)
HSBC: 2008/03/03 (4Q)

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code