EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米11月非農業部門雇用者数は期待以上

U.S. Payrolls Increase 94,000, More Than Forecast (Update1)

米11月失業率: 4.7% [予測値4.8%,前月確定値4.7%]
米11月非農業部門雇用者数: +9.4万人 [予測値+7.5万人,前月確定値+17.0万人]


今回の指標も本当に期待以上です。これでは,来週のFOMCは50BPも下げないといけない理由はなくなってきて,せいぜい25BPではないでしょうか。

いままで,米国経済は住宅市場が冷え込んだら必ずリセッションに陥ると思われてきたのですが,いまのところそのようなことはなく,加えて今のドル安も輸出産業にとって都合よく働いています。加えてサブプライム問題に端を発する信用収縮の問題は,米国だけでなく欧州各国にもあります。金融セクターの損失のディスクローズに関しては米国のほうが先行しているくらいです。

自由な為替市場により自国通貨が安く見積もられている米国は,(方法論は違いますが)意図的に自国通貨が安く見積もられている中国と実は同じ得をしています。ECB諸国は米国にも不満はあるのですが,自由に決まっている為替レートなので中国に対するように表立って文句が言えない状態なのです。

現在の為替レートは,総合的に考えて米国経済とは不釣合いなくらい対欧州通貨に対してドル安だと思います。私は,遅かれ早かれ2008年以降,対欧州通貨に対してドル高になるゆり戻しが生じる可能性を見ています。そのときのためにドルを今から仕込む少数の人々が実は勝者になるのかもしれませんが,それは,あなたが為替取引を一年かそれ以上の長期スパンで考えているかどうかによるでしょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code