EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

【緊急更新】予想外のドル安ですが…



今週は,目立った指標も耐久財受注しかない中,GSのKYな同業者への損失拡大見通しや12月の小売売上高の軟調な予想,パキスタンでの自爆テロ報道などに株式市場が反応し,予想外のドル安に波及しました。

典型的な薄商いの市場における相場操縦の週といえるでしょう。こういう週は売買ボリュームが少ないのでメジャーなチャートの節をおそらく抜けられないことに注意してください。



週初の予測では,

【ドル円】
下値は113円直下および112.10円あたりの2段サポートで守られ,これらを割っていくのは難しいと思います。

【ドルスイス】
下値も1.15フランと1.13フランの2段サポートが堅くて,ドル円と同じく大きな値動きは期待できないと思います。

と書いていますが,図1のドル円日足,図2のドルスイス日足ともチャートの節でとどまっています。これは,チャートの節は今週の市場参加者の利食いポイントでもあるので,自然と抜けられないレジスタンスになる典型例です。(おそらく負けている今週の市場参加者は,ささやかながら利確しようと思っているのでしょう。勝手にそうさせてあげてください。)

ただし,ユーロドルに関しては上昇予想は1.45ドルをブレイクできないと思っていたので完敗でした。orz

こういう薄商いのときは,

1.トレードしない。(過剰なレート変動に付き合ってろくなことはありません。)
2.メジャーな節で逆張りする。(メジャープレイヤーが休みなので,彼らが年初に復帰すればウマー)

のどちらかしかありません。特に,今週の値動きについていくことはマイナーな市場参加者についていくことになりますので,よっぽどの覚悟がないとダメですよ。

だから,今週は休むに限ります…

追記1:
そういえば,11月の新築住宅販売件数が前月比9.0%減の64万7000戸と2カ月ぶりの減少となり,12年7カ月ぶりの低水準だったとのニュースがありましたが,まあ単なるドル安の言い訳に過ぎないからケンナチャヨ!

追記2:
ドル円は2段サポート手前の112円前半まで下落,ドルスイスは2段サポートの1.13フランを割りました。先行き不明ですので,ロングポジションは持ち越さないほうが安全です。

ドル円・ユーロドル・ドルスイス+ポンドの今週の展望



先週は,先々週の継続でもともとドルが堅調だったのに加え,週後半にはテマセクの出資の話と米11月個人消費の大幅増などにより,ドル全面高に近い形となりました。

ドル円は,週足終値が高値という終わり方で時間切れにならなければもっと上がったかもしれない状況でした。とは言え,11月7日の114円後半からの激売りは強烈で,ここを越えなければ115円到達はありえません。ごく短期ならば114円台の戻り売りでOKです。一方,日銀の利上げ観測が大幅に後退した現在では,下値は113円直下および112.10円あたりの2段サポートで守られ,これらを割っていくのは難しいと思います。



ユーロドルは,一応ポジション的にはスクエアではないかとここに書きました。上値は1.44ドル前半のレジスタンスが強いのであまり上昇は見込めません。下値は現在の1.43ドル台をキープできるかどうかにかかっていると思います。ここを割れば,1.41ドル半ばまで目立ったサポートラインがないのでどこまで行くかわかりません。市場の薄さが大きい値動きを生むのか,それとも小動きで終わってしまうのか予測はできないので慎重にエントリしてください。



ドルスイスは,先週の予想でも述べたとおり,1.1620フランを目前にして1.15フラン台で失速しています。10月30日に1.16フラン半ばから1.15フランまで売りこんだ勢力が簡単にポジションを投げるとは思えません。また,1.16フランに近づくときの値動きにはオプションの防戦売りの気配が感じられましたので簡単には上抜けしないでしょう。下値も1.15フランと1.13フランの2段サポートが堅くて,ドル円と同じく大きな値動きは期待できないと思います。



ポンドドルは,テクニカル的に見てもファンダメンタルを考慮しても,一番下落のおそれがある通貨ペアだと思います。上値は2.00ドルを割った時点で,それなりのボリュームの新規売りが積み上がったと思われますので,少なくとも1.99ドル台では強い抵抗にあい失速が予想されます。一方,下値は1.97ドル後半のサポートを下抜けするかどうかに注目します。ここを下抜けしたら今度は1.96ドル台までの下落は早そうで,このレベルで少し揉むだろうと予測します。



ポンド円は,またまた毎週のように陽線と陰線が繰り返されていて,今週は一応陽線の番ですが,このクロス円はポンドドルとドル円の積ですから,両方のペアがどう動くかで陽線にも陰線にもなりえます。

【ポンドドルが1.98ドル付近で底堅くサポートされる場合】
ドル円の113円〜115円の振幅で,223.74円〜227.70円あたりのレンジ
【ポンドドルが1.9950ドルまで上昇】
ドル円の113円〜115円の振幅で,225.44円〜229.43円あたりのレンジ
【ポンドドルが1.9650ドルまで下落】
ドル円の113円〜115円の振幅で,222.05円〜225.98円あたりのレンジ

と,ポンドドルの動きで3通りに分けることができます。

ただし実際には,ポンドドルの下落・上昇にドル円の上昇・下落も影響を受けるので,ドル円もレンジ幅いっぱいには振れないと思われます。それでレンジ幅としては223円〜228円ぐらいが妥当な予想範囲だと考えます。それでもレンジ幅が広いので,これをどう料理するかはトレーダーの取引手法によるところが大きいでしょう。

最後に,今週は私も休みますので,このブログの更新も年内はこれで終了です。年末,特にクリスマス休暇中は薄商いの市場となりますので,予測を超えるレートの変動の大きさには十分注意してください。

では,Happy Holidays! 良い休暇をお過ごしください。

今週のCFTC



久しぶりのシカゴIMMの通貨ポジションです。激動の11月,12月を経過し,ロング・ショートのポジションとも減ってきた感じです。週後半のドル全面高は顕著でしたので,それらは反映されていません。

ドル円は長かったドル安傾向にようやく終わりが見えたポジションの改善で,ロングとショートの均衡したスクエアポジションに戻ってきました。週末の状況からさらにロングポジションに傾いているとも思われます。

ドルスイスは4ヶ月にわたる激しい下落からやっと反転した感じですが,ポジションの偏りはそれほどなかったことがわかります。つまり売り手はいるものの買い手がいなくてだらだら売られた状況だったということです。今後,ポジションが傾くまでには時間がかかるでしょう。一方的なドル売りはなくなりましたので,だらだら売りもだらだら買いもないでしょう。



レート的には,週末にドル円は114円台まで戻し,ポジションのスクエア状態に相応したものとなりました。112.80-114.80円を中心にブレイクする方向を模索中です。

ドルスイスは先週の上げが激しかったので,1.15フラン半ばで停滞気味です。こちらもポジションがスクエアになっていますから,すぐにトレンドが発生するわけではないようです。1.15フラン台での揉み合い相場が続きそうです。それにしても1.16フランが近づくと戻り売りがきついですね。



ユーロドルは,先週から大きくロングポジションが減少し,これまでの大きな偏りからするとずいぶんスクエアなポジションになりました。これは,1.45ドルを割った局面で多くのロンガーが利食い売りに走ったのではないかと想像できます。つまり,売りから入った人よりもそういう手仕舞い売りが大勢を占めているので,来週にかけてはいったん静かな相場になると思われます。売りの踏み上げも追撃売りも期待できないからです。

ポンドドルは,ユーロドル以上に巻き戻しがはっきりして完全に近いスクエアポジションです。火曜日の時点で2.02ドルを割りましたが,その時までにほとんどのポジションは整理されたと考えることができます。ですから,2.00ドルを割る局面では英国経済への不安なセンチメントから新たなショートが発生したと推測します。ですから,ユーロドルとは異なり,更なる下落が見込めるのではないかと考えています。

このように,ロング・ショートポジションが偏った状況からスクエアになる瞬間のIMM通貨ポジションは,あるレートでの売買が新規か手仕舞いかを推測するのに役立ちます。ずっとポジションがスクエアな通貨ペアには役立ちませんけどね。約一ヶ月半ぶりにCFTCのデータをアップしようとしたのはそういう意図からです。

2007年11月YTDヘッジファンド成績



11月は株安,ドル安の影響がはっきり出た月でした。年初来の成績が悪いのでグラフにはありませんが,月間で一番成績が良かったのはショートバイアス戦略でひたすら売りから入った人たちです。それと意味もなくテクノロジーセクターの銘柄が売られてその方面のファンドの成績は大きく落ち込みました。また,オプションの人たちはコールを売って順調に収益を上げたようです。

1.モーゲージ組成ファンド 27.42% (さすがに利食いに走ったか若干戻す)
2.エマージング市場ファンド 19.65% (第2位は指定席で11月の影響薄)
3.エネルギーセクターファンド 13.23% (エネルギー相場も影響を受けました)
4.オプション戦略ファンド 12.86% (月間トップパフォーマーの一つで4位に)
5.テクノロジーセクターファンド 12.65% (最大の落ち込みで3位から転落)
6.ヘルスケアセクターファンド 11.05% (ディフェンシブ銘柄らしく落ち込まないで6位に)
7.ロング&ショート戦略ファンド 10.96% (アップというより持ちこたえた感じ)
8.ロングオンリー戦略ファンド 9.42% (当然痛手をこうむりました)
9.企業買収ファンド 6.34% (いくらかは買収案件がご破算になったか) 
10.ファイナンスセクターファンド −4.43% (追い討ちをかけるような決算発表にやられた)

引き続き,第2位相当のBRICS関連の投信・ETF・ADRがねらい目です。いわれてみればなるほどと思いますが,高値掴みにならないようにどこかの調整時点を待ちたいものです。

米11月個人消費は大幅増

Consumer Spending in U.S. Rises More Than Forecast (Update2)

「サブプライム問題とかクレジットクランチの影響ないですか」と訊かれても,たぶん「うちはもう家のローン払っちゃったしなあ,それに金融機関に勤めているわけではないので,あまり実感わかないよ」と答える人たちが,Black FridayとCyber Mondayを中心に買いあさった結果がこれです。

米11月個人消費 1.1% [予測値0.7%,前月0.4%]
米11月個人所得 0.4% [予測値0.5%,前月0.2%]


たぶんに最近のインフレの影響によるかさ上げもありますが,米国の消費は落ちませんねえ。
一方,日銀の福井総裁は12月月報で『わが国の景気は、住宅投資の落ち込みなどから減速しているとみられるが、基調としては緩やかに拡大している。』と事実上の白旗宣言です。利上げも遠のいて,今晩はドル円が上がらないはずはありません。

ドルロンガーにも米国株式市場にも,今日はビッグなクリスマスプレゼントが贈られたようです。(^_^;)

【保存資料】テマセクとGIC



テマセク(THL)とGICはどちらもシンガポール政府系持ち株会社ないしは政府系投資専門会社です。図1(出典*1)を見ると,どちらも独立していますが一応テマセクのほうが親会社の位置付けです。

両社の対外投資額の規模はどれくらいでしょうか。



出典*2による2006年の対外投資実績では,図表5によると150億ドルです。一方今回のUBSとメリル・リンチへの出資が実現すると,2007年にはそれだけで167億ドルの投資となりますので,規模としてはなかなかなものになります。(ちなみに両社とも累積の運用資産残高はそれぞれ1000億ドルを越えています。)

また同じく出典*2によると,両者の役割は若干違うようです。

【テマセク】2002年以降、政府系企業の再編に伴って、セマテクの経営方針も投資ファンドに変化した。保有する政府系企業の株式の売却と債券発行で資金を調達し、テマセクは潤沢な資金をバックに、海外で企業買収、出資、金融投資を積極的に行うようになった。2006年3月決算では、投資資産は1,290億シンガポールドル(約10兆円)にのぼり、その49%はシンガポールにあり、海外資産は51%を占め、世界各国に分布しているが、日本はわずか1%しか占めていない。テマセクは投資資産を今後、シンガポール、日本を除くアジア地域、日本を含む先進国に3分の1ずつ分散することを目指している。

【GIC】一方、GICは海外を投資対象とする対外投資専門の投資会社であり、世界40数カ国の株式、債券、不動産、為替などに投資している。2006年3月期の決算では、純資産は1,000億ドルにのぼり、対外投資はおもにアメリカと欧州に集中しているが、対日投資は約10%を占めている(図表6)。同社は、今後、新興国市場(現在約20%)に投資を拡大することを計画している。

この二つのSWFについては,時間を見つけてさらに調べて追記する予定です。
================================================================
*1:中村みゆき著,アジア政経学会,アジア研究Vol50,No4,Oct. 2004 「シンガポール政府持ち株会社テマセク社の株式売却に関する考察」
 http://www.jaas.or.jp/pdf/50-4/p55-78.pdf
*2:朱炎著,富士通総研経済研究所,研究レポートNo293,June 2007 「アジア企業の対日投資戦略と日本の誘致策」
 http://jp.fujitsu.com/group/fri/downloads/report/research/2007/no293.pdf

テマセクもメリル救済に出動

Merrill May Get $5 Billion Investment From Temasek, WSJ Says

【12/24ニュース更新】
Merrill Lynch to Get $6.2 Billion From Temasek, Davis (Update1)

今度はメリル・リンチの出資元が現れたというニュースです。
これで,
アブダビ投資庁->Citi ($7.5 Billion)
GIC->UBS ($11.2 Billion)
CIC->モルガン・スタンレー ($ 5 Billion)
テマセク->メリル・リンチ ($ 6.2 Billion)

という出資元と金融機関の組み合わせになりました。一応両シンガポールSWFとオイルマネーとチャイナマネーがそろいました。メリルもようやく決算発表のメドがついたのでしょうか。(GICのほうがテマセクよりはるかに優秀だといわれていますが…)

でも,決算発表時にサプライズを起こして損失のダメージを軽減するために秘密は保持すべきだと思いますがね。リークされるとははっきりいって脇が甘いです。

さあ,あとはBOA(バンカメ)とNorthern Rockなんですが,どうなりますか…

英国経常収支の赤字はG7中最大に

U.K. Current-Account Gap Reaches Record, Becomes G-7's Biggest

米国と同じく英国にも住宅バブルがあり,高いポンドの購買力で消費者はいろいろ買いまくってきました。いつの間にか英国経常収支の赤字は米国を抜いてしまい,一方,その住宅バブルもまさにはじけようとしています。

ひところの米国と同じで英国お前もかという感じですが,世界的なクレジットクランチのおまけつきで経済が下降すると米国ばかりを笑っていられません。ユーロ経済のように英国経済は奥行きはありませんので,時間的ディレイはありますがポンドの対ドル通貨レートはこれから徐々に下がっていき,英国経済の下降を反映したものになるでしょう。

我々が為替レートの変動から薄利の収益を上げている間に,大きく見てそのような変動は,各国の経済状態を反映したものに落ち着きます。

ポンドドルも1.98ドル割れも目前で,2.00ドルを割ってからが早かったですね。週足でこれは65週移動平均レベルにあり,過去の値動きから見てチャート的には1.97ドル半ばでいったん下落の調整局面になるところですが,年末の薄商いということを考慮すると一気にさらに下落する可能性もありえます。

さらなるポンドドルの下落は,ポンド円のレンジ幅をさらに下降させることになるでしょう。222円が近づいてきたなら,今度はポンド円の220円割れの心配をしないといけません。

スワップ6倍デイでポンド円をロングを持ち越した人たちは,しばらくポンドドルの値動きから目が離せません。

※最近,Doblogが重くて更新に時間がかかりますね…昨晩からずっと「ただいま混みあっています」とはじかれていました。

【12/21 GMT14:50 追記】
ポンドドルロングは不明ですが,ポンド円ロングは復活できそうですね。だって,円が弱いんだもん。タカ派の福井総裁は,任期中にもう一回利上げできず個人的には忸怩たる思いでしょうね。円が弱いのは,クレジットクランチだけでなく,補助金行政復活&改革停滞観測などの政治要因もありますし,本当に今年は外的要因が多すぎました。

キモノ・トレーダーの幻想



海外の経済紙で,日本の主婦の外国為替証拠金取引がブームになっていると紹介されたとき,彼女たちを「キモノ・トレーダー」とか「ミセス渡辺」(渡辺前財務官の主婦版という意味?)とか呼んでいましたが,そういう記事では円キャリートレードの原動力は彼女たちだというような論調で書いてあったと思います。

例えば,The kimono tradersなどです。

一方,興味深い以下のレポートがBISから12月19日に出ています。
Triennial Central Bank Survey of Foreign Exchange and Derivatives Market Activity in 2007 Final results

この中に,世界各国の国別の相対為替取引の取引高が載っていますので,エクセルに落としてソートしてみました。(図)

2001年の取引高の多い順は,米国,ドイツ,日本の順なのですが,2007年では,英国,米国,フランスの順になっており,日本はフランスに次いで4位に落ちています。それにしても,2001年には6位でしかなかった英国の取引高が,2007年では桁違いに増えて2位の米国の2倍以上,4位日本の約10倍のダントツ1位です。

まあ,キモノ・トレーダーは物珍しさでは目を引くのですが,ロンドン市場でのシティの為替取引量には全くかないませんので,彼女たちが為替レートを大きく動かす円キャリートレードの主役とは思えません。ポンド円が夕方大きく動くのも,ロンドン市場が始まって東京市場の逆のポジションを取ってくるからですしね。

真実は,少し努力すれば手に入りますが,楽して誰でも手に入れられるところには転がっているとは限りません。

嫁ぎ先を探している金融機関?!



Morgan Stanley Posts Loss, Sells Stake to China (Update3)

UBSが手法を確立して以来,今回のモルガン・スタンレーの場合もそうですが,損失発表とファンドの追加出資の発表というニュースがペアで行われるようになりそうです。株価の下落を防ぐために少しでも明るいニュースと同時発表にしたいのです。

こうなると,損失を発表する前に良い出資先を見つけてこなければなりませんが,優良なそして巨額な出資をできるファンドはSWFなどの限られたファンドしかありませんので,はっきりいって早く気に入られるかどうか早い者勝ちの世界です。

それだけ損失の大きい金融機関は,来月以降の決算発表を前にあせっているだろうと思います。なんか,大台を目の前に退職する女性が,寿退社にするためにあわてて彼氏を見つけるような感じです。(たとえはあまり良くありませんが,セクハラのつもりではありませんのでお許しください。)

でも無難なところで,午前0時になる前に王子様の愛を射止めないといけないシンデレラにしておきましょう。

果たして,メリルリンチやバンク・オブ・アメリカとかには嫁の貰い手はあるのだろうか…

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code