EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

今週のCFTC



今週のシカゴIMMの通貨ポジションです。今週は週初からドルが堅調だったので,通貨ポジションもそれをよく反映しています。

ドル円は,完全にドルロングに傾いたといえるでしょう。もちろん,世界の為替取引のほとんどは相対取引ですから,IMMのポジションがそれらの取引のポジションを反映しているとはとてもいえません。しかし,レートおよびIMM通貨ポジションの両方を考えることは,総合的に見て参入すべき週とそうでない週を見分けるのに役立ちます。実際に,エントリするレートはさらに細かくチャートで見ていくのです。

ドルスイスは,ずいぶんドルが買われた印象はありますが,火曜日までの状況ではまだドルロングにポジションが傾いたわけではないようです。ドルスイスについては,ロングポジションはもちろん,一時期のようなショートポジションも持ちにくくなってしまいました。



レート的に見ても,ドル円は週足でしっかり117円台をキープできたことが大きいです。上昇時のドル円は比較的きっちりとサポートレベルを守りながら推移します。来週下がっても116円台をキープできる状況であれば押し目を買っても構いませんが,値幅が取れるかどうかだけが気がかりです。

ドルスイスは,まだポジションの偏りははっきりしていませんが,2週続けて上値と下値を切り上げてきました。これも良い傾向です。特に週後半に,1.17フラン台後半を試しに行っても底堅く,ユーロに連れ高だったスイスフランもちょっと息切れしている印象です。もう一度1.17台の底堅さを確認してから打診買いをしてもよいですが,1.19フランの壁は押し返されていますから,やはりレンジ相場を抜けないと値幅は取れないでしょう。



ユーロドルは,ずいぶんロングポジションが積み上がっている上に,1.40ドル台での底堅さも経験しました。一方,1.42ドル半ばあたりで押し返されたこともあり,10月2日にショートをしてきた人たちが投げてはいないようです。ですから,1.40ドル台か1.41ドル台前半で押し目を狙うのがよいでしょう。しかし,ロングポジションが積み上がっているので,なるべく早く利益確定しマーケット滞在時間を短くすべきです。この場合は,巻き戻しに備えるためで,値幅の問題ではありません。

ポンドドルは,ポジション的にはニュートラルに近いくらいですが,2.04ドル台後半でたたかれて,週足では陰線です。先週言いましたように,米国政策金利の利下げ観測が後退しましたのでいっそうのポンド高を支える要因が一つ減ってしまいました。上値が重いうえに来週下落が加速するとも言い切れないので,ロングもショートもポジションを取りにくい状況となってしまいました。

だから強いって言ってるのに!



U.S. Retail Sales Rose 0.6% in September, More Than Forecast
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601103&sid=aOsFbhBRAfrA&refer=us

だから強いって言ってるのに!

ちょうど良い機会なのでユーロドルの5分足を貼っておきます。
米9月小売売上高は,GMT 12:30 (12:40の2つ左となりのロウソク足)
ミシガン大学消費者信頼感指数は,GMT 14:00 に発表になっています。

1.小売売上高が良くてユーロドルが売られた
2.逆に行きたがる奴が10分-15分ぐらい粘って買っていった
3.大勢には勝てずに売り戻されてそのままだらだら下がり
4.ミシガン大学消費者信頼感指数は下がったのに,そんなの関係ない状態

ただし,これぐらい良ければ1.40ドル台を期待したのですが,思ったより押し目を狙う奴が多いんだなと思います。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code