EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

日米英とも大きな政府に転換中!?

U.K. August Budget Deficit Swells on Spending Growth (Update3)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601102&sid=atZBBm9HrNoM&refer=uk


英政府は,一ヶ月分としては1993年以来もっとも高い91億ポンド(184億ドル)の財政赤字で,ブルームバーグの20人の予測平均に比べて,65億ポンド高いようです。今後,サブプライム問題の調整長期化でファイナンスセクターの成長が止まるのは確実で,歳入が減って歳出が増え続けるようだとポンドにとっても大きなマイナスです。ブラウン政権は財政支出を抑えることを念頭においているでしょうか。というわけで,月曜日に労働党の党大会でブラウン首相の演説があったのですが,教育および医療関係の支出に関しては(選挙向けという意見もありますが)どうも大盤振る舞いのようです。

Brown, Shrugging Off Election, Expands Labour Appeal (Update1)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601102&sid=aFEbFfXkui2c&refer=uk


そういえば,アメリカでも民主党のヒラリー・クリントン女史が,

Clinton Calls Health Care Plan a `Moral Imperative' (Update1)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601070&sid=am.hIsAsiOXk&refer=politics


とヘルスケアを選挙の目玉にしたいようですし,日本も(民主党への対抗上,予算バラ撒き政権になるかもしれない)福田政権が誕生しました。

期せずして,日米英とも財政赤字の膨らむ大きな政府になるとは,ユーロ一人勝ちかなあ。

でも,ユーロって実はサブプライムローンが証券化されたCDOのような通貨だと思うんですが・・・ユーロ経済圏は広がる一方で,経済状態が良くない加盟国は好調な国の陰に隠れて見えなくなっている。見かけ上,リスクが低下したように見えるところなんかそっくりだと思います。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code