EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

利下げの援軍・・・のつもりだったけど



ここへ来て利下げの言い訳は整ってきたわけですが,いかんせん利下げしても大丈夫なのというインフレ加速の心配があります。つまるところ,労働コストは依然上昇していますし,原油価格も図に示すとおり,8月初めにつけた1バレル78.77ドルを更新しようとしています。

信用収縮に伴う株式市場の期待に応え,利下げしたとたん,インフレが拡大するようでは中央銀行は何をやっているのかということになります。何しろFEDには明確な雇用の安定とインフレの抑制という2大命題があるのです。

こまったなあ,原油下がってくれないかなあ,何かカタリスト(触媒)になるもの無いかなと思っていたところ,アメリカの中東のお友達たちがやってくれました。

OPEC Raises Output 500,000 Barrels/Day to Ease Prices (Update2)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601103&sid=a_DP6nM.7WPk&refer=us


これで,9月18日までにもう少し原油価格が下がってくれれば,利下げの援軍になるでしょう。

さて,インフレの問題に担保をつけた後,FEDが気にかけているのはずばりドル安でしょう。もし,9月18日(日本時間19日)に利下げが実行された後,仮にドル安に振れるようでしたら,19日-20日にかけて各国中央銀行+中国の一斉ドル買い協調介入でもあったらドラマチックですね。

そこまでは,予定調和にはならないか。でも,久々にBOE-ECB-BOJ-FED協調,US-OPEC-China連合の結束を見てみたい気がします。

追記(9/13):
50万バレルではゴミだったようで,WTI原油は最高値を更新中です。企画倒れだなこりゃ・・・


 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code