EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

FXトレードシステム改良中

本日から新アルゴリズムのバックテストと評価プロセスに入りましたので,そちらに時間がとられています。

市場のボラティリティはトレードシグナルを出すフィルターとして特に重要なファクターですが,通貨ペアによってトレードに心地よい範囲と言うものがあるようです。それを通貨ペアごとの経験値として固定値を使うのか,それともボラティリティの差分から類推すべきものなのか,これは今回の評価システムではっきりさせたいメインテーマの一つです。

来週の展望は通常通りですが,その他の更新については遅れるかもしれません。その代わりシステムトレードのシグナルの反応をもっと改善できると期待しています。


あらゆる相場に適用可能なシグナル

このエントリは,通常のテクニカル分析とは異なる統計的なエントリシグナルの導出方法の概略を説明するものです。回帰分析に関係する知識が多少必要ですので,その点はご了解ください。

このような統計的なエントリシグナルの導出によると,あらゆる相場(通貨ペア・株式銘柄)に対して同一のロジックを適用でき,もし良いパラメータを設定できれば相当程度堅牢なシステムを構築できます。以下がその概略の手順です。

1.まず,どの市場でも良いので日足4本足(始値・高値・安値・終値)を準備します。
2.次の4つのデータを毎日計算します。
  A:前日の終値−前日の始値 <上昇圧力>
  B:前日の高値−前日の安値 <ボラティリティ>
  C:(前日の高値+前日の安値)/2−前日の終値 <終値の方向>
  D:当日の始値−前日の終値(またはある時点の為替レート) <NY市場の影響>
  ※為替の場合,Dがゼロにならないように工夫が必要
3.前日までのデータに関して,次のような値Eを計算します。
  E:その日の終値>=その日の始値つまり陽線なら1
    その日の終値<その日の始値つまり陰線なら0
4.A,B,C,DをX範囲,EをY範囲として,Excel等で回帰分析を行い,
  切片Z,A,B,C,Dの係数X1,X2,X3,X4を計算します。
  この場合の期間は過去3か月〜6か月程度で良いです。
5.毎日,その日の始値が確定したらA,B,C,Dを計算し,
  予測値P=Z+A・X1+B・X2+C・X3+D・X4を計算します。
  予測値Pは回帰分析の係数と切片の計算に従い,0.5近傍に集中します。
6.ある足切り値α<通常0.05(10%)以下>を決めておき,
  0.5+α以上のとき寄り付きですぐに買います。
  0.5-αのとき寄り付きですぐに売ります。
7.αをあまり小さくすると毎日売買をすることになり,フィルターの役目がなくなります。また,α以外にも,Bの大きさ等に条件をつけて別のフィルターとすることもできます。
8.6と同時に,リミットLとストップSを設定します。
  このLとSは通貨ペアや銘柄にあわせて変動しますが,L>2Sです。
  直近のボラティリティにあわせて自動設定することも可能です。
9.リミットLまたはストップSのどちらにもかからない場合はプラスでもマイナスでも大引けで決済します。為替の場合も24時間後のレートで決済します。

ユーロドル,ポンドドル,ポンド円について上記のロジックで2003年6月から2009年5月まで計算してみました。ただし,α,L,Sの値はそれぞれで多少異なるため併記します。なおリターンはトータルのPIPSで表しています。

【ユーロドル】α=0.02,L=300PIPS,S=100PIPS


【ポンドドル】α=0.04,L=300PIPS,S=100PIPS


【ポンド円】α=0.02,L=400PIPS,S=100PIPS


回帰分析の期間が直近の短い期間ですので,ポンド円以外は2008年半ば以降に急激に収益が上がっています。必ずしも全期間の回帰分析をするのは得策ではなく,直近のデータのみを使用するほうがパフォーマンスは良いです。ただし,過去データにあわせてもそれほどマイナスにはなっていません。これがこのシステムの堅牢さを表しています。ちなみに日経平均先物に対して2003年3月から同様のロジックを適用すると,

【N225F】α=0.01,L=400円,S=60円


収益が8000を越えていますので,先物1枚で換算しても800万円を越えていますが。注目すべきは日経平均先物の場合は全期間にわたって成績が良いことです。ボラティリティが為替より大きくかつ前日の変化に対する反応にもパターン化されたものがあるのかもしれません。さらに,回帰分析する元データに前日のCMEのデータを加えるともっと精度が上がる可能性もあります。

これらはちょっとしたヒントに過ぎません。テクニカル分析と言っても移動平均やよく知られたチャートのための指標ではなく,こういう統計的方法も実はあるということを知っていただくのが,このエントリの目的です。

相場のボラティリティについて

統計の世界ではよく平均値Mや標準偏差SDが使われることはご存知だと思います。そして,テクニカル分析ではチャート上のエントリを考慮するのに,移動平均SMAに対しての終値の変動も標準偏差σとして表現することがあります。(この2σなどをバンドにして描いたものがボリンジャーバンドです。)

この統計におけるSDとチャート分析におけるσは実は似て非なるものです。

まず,統計の世界では平均値Mを中心に値が正規分布していることを前提としています。ですから,基本的に平均値より上の値も下の値も同程度に存在すると仮定できます。このような時には平均値Mは一定と考えられるので,変動係数Cは,

C=SD / M

で表わされ,これを計算することには意味があります。

一方,チャートの世界では移動平均SMAを計算するとしても,トレンドがある限り,その名の通り時間と共に平均値が変化するのです。そして,上昇トレンドであれば移動平均SMAよりレートが上昇してくるのでSMAがさらに上がり,下降トレンドではその逆のことが起きます。このような時に,変動係数Cを計算しても…

C=σ/ SMA

SMAが変化するので,計算値にあまり意味がないのです。



このことを説明するのに,図1をご覧ください。

もし,(a)のようにドル円が95円を中心にしてレンジ相場を形成し,移動平均線が95円あたりで水平ならば,移動平均SMAは一定で,これは統計の世界と同じに考えられます。

一方,(b)のようにドル円が90円から100円まで上昇トレンドにある場合は,分母の95円が各期間で変化するので,移動平均が95円である期間しかCには意味がありません。

こういう場合は,

V=σ/(SMA(Q) - SMA(P))

を計算したほうがいいです。分母は期間の移動平均の値幅ですから,いわば,標準偏差というばらつきを平均の上昇幅で割ったものです。(分母がゼロの時は極小値で置き換える。)

この値Vには特に名前はついていませんが,期間の平均の上昇幅に対しての変動幅の大小は,逆張り(V無限大)か順張り(Vほどほど)かノーポジ(V極小)かを決定するのに重要なパラメータです。ちょっとテクニカル分析的な話になりましたが,「相場のトレンドの強さに対してボラティリティは高すぎてもいけないし,低すぎてもいけない」と言う意味でエントリを立てました。

資金注入・損失確定どっちが先かは明白

含み損があるポジションに資金注入するとどうなるか。さらに損失が拡大して注入した資金も持っていかれる可能性がある。だから言うまでも無く,資金注入しないといけないほどの毀損が生じたならば,損失を確定してから資金注入するのが筋です。

欧米の金融機関は本当にそれが出来ているのか?これが今もっての大いなる疑問でもあります。

個人口座のポジションの話では自明の事ながら,金融機関というやや公的なバランスシートの上ではそれがいろいろなしがらみ(市場に与えるインパクト等)でやりにくいと言うことはあるのかもしれません。が,早めに全て晒しちゃったほうが健全なんですし,どっちが生き残るかと言う点でも自明ですね。

【2008年前半までにさらした機関】
バークレイズキャピタル
バンクオブアメリカ

【2008年後半に遅れてさらした機関】
メリルリンチ
リーマン・ブラザーズ

※他人の失敗を自分に生かすということは,自分で失敗して経験から学ぶよりもはるかに効率のいいことでもあります。それがなかなか出来ないのが人間なんですが…
※あと,「大手の金融機関が巨大損失を出しているので自分が損失を出しても仕方がない」という気持ちは自分を甘やかしてしまうのではないかと思います。この面でも心のコントロールが必要ですね。

お知らせ&お断り:
明日から来週火曜日まで休暇の予定です。週末の「今週の展望」は休日モードですので,ご了承ください。

金融経済に翻弄される実体経済

朝ナマなどを見ると,相変わらず日本の議員さんの中には金融経済を目の敵にしているかたもおられるようです。が,好き嫌いは勝手ですがその規模が実体経済を上回るようになると嫌いだからといって無視することはできません。そこで,現在の金融経済をどう見るかという視点で一つエントリを立てました。

■ いつまでも金融経済は「尻尾」ではない
水野和夫氏の著書「人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか」では,「これまでは金融経済は尻尾であり,実物経済(原書のまま:経済は物ではないので実体経済という表現のほうが私は好き)が頭だった。」と述べていますが,この過去形の表現どおり,米国が膨大な貿易赤字を埋め合わせるために金融立国を目指して世界中からお金を集めまくった結果,金融経済の取引額は実体経済の貿易額をはるかに超えるようになりました。今ではいわば,金融経済が「頭」になり,実体経済が「尻尾」に転換したのです。水野氏はこの転換点が1996年あたりだと言っていますが,21世紀になってその逆転した格差が広がったことは言うまでもありません。

1999年のグラム・リーチ・ブライリー法は共和党の自由放任指向が大きく出ている改正法案でしたが,投資銀行を野放しにした一方で,証券会社の監督管轄をFRBに引き戻して金融コングロマリットの形成を容易にした上でSECの規制を弱めたともいえそうです。皮肉なのはSECがちゃんとしないからだとその働きを非難したのはこの法案に賛成したマケイン共和党大統領候補でした。それはさておき,人々は規制のない中でいかに利益を上げようかとレバレッジを掛け,住宅価格の上昇をてこにして各種金融派生商品が膨大に生み出されていきました。

■ 金融経済が主役になるとストックではなくフローを見ないといけない
そういう中では,経済をマネーストックではなくマネーフローで見る考え方が必要になってきます。例を挙げると株式投資をするとき,一昔前ならその国のGDP・失業率・景気動向・個別企業の業績予想などを加味して,この株は上がるぞとか下がるぞと考えればよかったわけです。この会社は在庫が増えたから,あるいは新製品を出したから業績がこうなるというのもやはりマネーストックに依存した考え方です。

しかし,金融経済が主役になると,実体経済をあらわす指標だけでは物事が判断できなくなりました。実体経済とは別にその株への投資を行うビッグ・プレーヤーが出現したからです。現在,米国の金融危機により2,3年前にBRICsを始めとする新興国に投資された米国の資金が米国内にレパトリエーション(本国還流)しています。そうすると,新興国企業の業績がいいのにその企業の株価が下落するということがありえますし,今夏以降は実際にその傾向が強まっています。個別企業の将来性・業績予想だけで判断すると大変なことになる典型例といえるでしょう。

■ 具体的には金利・信用リスク・マネーの出入り(為替)を見ること
幸いなことに,最初に株式市場に参入せずに為替市場を先に知った私は,もともと経済動向をマネーフローとして見ることができました。為替市場は国家間のマネーのフローですし,キャリートレードの例を取り出すまでも無く,為替市場の変動には各国の政策金利が大きく関係しています。金利に注意を払うということは,お金をどの市場で運用するかという金融経済の投資戦略の根幹をなすものです。でも,この意味でインターバンク市場およびオープン市場で活躍する債券市場関係者は一歩も二歩も先を行っています。彼らは変動金利で資金を調達して固定利率の債券を購入するということやその逆をやっているからです。また,同じ考えで固定金利と変動金利の受け払いである金利スワップも行っています。

彼らに及ばないまでも,我々も各種金融派生商品の利回りや株式投資のリターンもこうした金利の上下との兼ね合いおよびその投資先を選ぶ際のリスクで考えることが大切となってきます。一例として信用リスクを計る一つの指標を考えましょう。現在の状況のように信用不安が高まって金融機関がお金を貸さなくなってくると,余ったお金は当然安全な投資先である国債(日本ではJGBおよびグローバルには米国債)に集まってきます。そうすると債券価格は上昇しその利回りは低下します。一方,信用不安が高まっているので資金調達コストは高いままです。



この資金調達コストと債券利回りの差の代表的なものにTEDスプレッドがあります。これはTreasury-bill and Euro Dollar Spreadの略で,3か月物米短期国債(T-bill)先物と3か月物ユーロドル(EuroDollar)LIBOR(ロンドン銀行間市場金利)先物との金利差のことです。この差が広がれば,ドルの需給が逼迫し,かつ株式市場や商品市場からも資金が逃避するのは容易に想像できるでしょう。(まだ紹介していないなら,是非テレビ東京系の「モーサテ」の「マーケットウメダス」でLIBORだけでなくTEDスプレッドも紹介してくれたらいいですね。)資金が借りにくくても安い債券なら買いたいという裁定が働くので,単なるLIBORよりお金の流れをつかむのに適切と思います。

■ まとめ
為替取引をする人はあらゆる指標の影響を受けるので,逆に「藁をもつかむ気持ち」でこういう指標なども気にしているのですが,純粋に株式投資に携わる人もこの金融経済激動の時期には,幅広く金利・リスク指標・為替などの動向を追ってみることはいかがでしょうか。

それがいやなら,為替取引も株式投資も純粋にテクニカル指標だけを見て行うべきです。中途半端は何事もいけません。

年内を乗り切るための8か条

1.円高をチャンスとするために中途半端なクロス円ロングの禁止
2.為替は当面テクニカルシグナルに基づいた短期売買に徹すること
3.ユーロとポンドは短期には絶対買わないこと
4.ドルのレパトリが続く間は,新興国への株式投資を禁止
5.いざと言うときのためにキャッシュポジションを増やしておくこと
6.VIXが20〜30の間は中途半端なので株式取引は自重すること
(30以上の底で買うか,20を切ってから満を持して出動する)
7.資源・材料株からは撤退するか,プットオプションを買うこと
8.金融関連株のオプション買いは利幅が出るので推奨する

※思いつくままに挙げてみました。本当は10か条だとキリがいいのですが,これ以上のルールはひねり出せませんでした。

譲れないポリシー

■ 人々の企業努力を株価によって評価するというのは理解できます。
■ 為替の変動を裁定取引によって利益に変えるというのも理解できます。
■ 為替や商品の実需のためのヘッジ取引も理解できます。

しかし,商品(コモディティ)の値上がりを見越した投機的ロングだけは私は絶対にやりません。

(貴金属の位置づけは微妙ですが…)生活必需品あるいはそれに直結する商品(コモディティ)の値段は安いに越したことはないでしょう。投機的ロングによって自分が利益を得て,引き換えに世界経済全体が景気後退するのを見過ごすことなど私にはできません。

原油の原価は,1バレル146ドルもしません。だれかがうちはWTIに関係なくもっと安く売るよと言い出せば状況は変わらないのかな。取引量の少ないNYMEXのWTIの価格に実需が連動すると誰が決めたのかな。でも,目の前に転がっている利益をみすみす逃す人はあまりいないとは思いますが…

金融業界にいる人にとっては,「何を甘いことを」と思われるかもしれませんが,本業でモノを作っている身としては原材料・資源の値上がりは死活問題です。別に値上げしたくて上げているわけではないのです。「人類全体を不幸にする取引を続けなくてもいいじゃないですか。優れた売買テクニックがあるのでしたら,是非商品以外でがんばってください」と,商品取引を実需ヘッジ以外で行っている全ての人に言いたいと思います。

なんか,独り言のようになってしまいましたが,私の偽らざる本音です。

2008年後半の戦略



これだけ原油価格が高いと,米国経済だけでなく世界の経済もおかしくなっていくと思います。

【株式市場】
正直これは勝てると言う株が分かりにくい相場です。積極的にオプションを買うか,現物はポジションを軽くしてVIXの極大のタイミングしか出動しないことにします。つまり,相場の変動で儲ける戦略に変更します。一寸先は闇ですので,トレンドに賭けるのではなく先行きの不透明感を味方にしたいと思います。HFNでも今年安定しているのはオプショントレーダーです。

【為替市場】
ユーロもドルも円も一方的な独歩高になることはないと思われます。株式市場や米国経済の不安が,日替わりで為替変動になって現れるでしょう。中長期のドル円およびクロス円の裁量取引は円高のタイミングを見極めるまではポジションを取りません。ドルスイスも同様にフラン高のタイミングを見極めます。ポンドドル・ポンド円の短期システムトレードは,先行きの不透明なときに特に威力を発揮するので,引き続きエントリシグナルに完全に従い粛々と取引します。一方,ユーロドルは現在のレンジ相場が続く限り値幅が取れないのでお休みです。

相場が不安定なときは,かえってニュースなど見て相場観が振り回されないほうが良いようです。原油価格・金価格・VIX指数だけをひたすら観察するのも自分の客観性を養うのに助けになるでしょう。

金曜日の事後処理

先週の金曜日の雇用統計は予想外の悪化でしたので,月曜日以降にどうしようかと考える場合もあるかと思います。以下に思いつく点を上げておきます。

■ 金曜日の雇用統計以前の取ったポジションのうち,根拠となる(特に短期のトレンドに関する)シナリオに狂いが生じている場合には,含み益・含み損の状態にかかわらず,月曜日中に決済することを考えたい。
■ 今後のドルの動きを追うにはドルスイスかユーロドルを見ること,これはドル円では円が弱いためのドルの強弱を見間違う可能性があるため。
■ VIX指数が急上昇し,23.72の終値が週末に観測されたので,どこでピークをつけても良いように出動のための現金保有率を増やしておきたい。
■ 先物関係のオプションの期限の来る月の第3週(6月16日に始まる週)は,大きな相場の転換点になる可能性があり,特に注意して相場に臨むようにしたい。
■ 全般的に一方的過ぎるシナリオは今後も想定しないで,常に逆に動いたら自分はどうするかを考えておくようにしたい。たとえば,原油価格の更なる上昇に期待する場合でも,プットを買うなどの方法でヘッジを掛けておきたい。

市場に過度に適応しようとすると最適化の過ちに陥る

■ バックテストのし過ぎとパラメータのいじりすぎ
これはシステムトレーダーの陥りやすい過去データへの最適化の例です。

■ あらゆる相場に理由付けを求めて未知の情報を探しまくる
これはファンダメンタルを重視する人が陥りやすい情報最適化の例です。

■ ファイナンス理論で実体経済が説明できると本気で思っている
これは経済学の素養があっても現実を知らない人の理論最適化の例です。

■ 理由付けがしっかりしているから自分のポジションは絶対正しいと思っている
これは思い込みが激しいか謙虚さが足りない投資家の自己最適化の例です。

これらの人は今からでも遅くないので,「市場リスク 暴落は必然か(単行本)」を読むのをお勧めします。私はこの週末に読みました。


人間は特定のものに全面的に頼るのは良くないですよ。 トレードアイデアでもメカニカルシグナルでも投資先でも,心酔しているブログでもそうです。トリプルAAAの格付けに信頼を置き資産担保証券に過度に依存した結果がサブプライム問題でした。

そのためにはどんな投資をしていても謙虚と自信の中間にいないといけません。

池田信夫さんのblogでも取り上げてくれています。それにしても,出てから間もないのに彼は良く見つけてきますね。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code