EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

重要なお知らせ

2013年9月26日に届いたDTIブログからのメールによると,DTIブログは本年12月17日をもってビジネス系などの一般用途のブログは閉鎖されるようです。閉鎖予定に伴う移行プランは以下のとおりです。

1.為替ブログは,ライブドアサイトの「EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ」で継続します。
2.為替ブログ以外の実験的なトライアルなどは,「EURO SELLER's English Site」で英語版ブログとして再開します。
3.一連の替え歌動画シリーズは,「EURO SELLERの動画倉庫」に徐々に移管します。
4.以下のTwitter用のRSSフィード・サービスは別サーバなので今後も継続します。
−日本銀行:新着情報 (@boj_news)
−福井俊彦BOT (@tfukui_bot)
−英語版各国中銀・経済指標RSS (@euroseller_en)
−システムシグナルRSS (@euroseller_news)
5.以下のブログは即日更新を停止し,DTIブログの終了により自動的に閉鎖されます。
EURO SELLERの悠遊通信
EURO SELLERのシステムトレードブログ
EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ(DTI版)

長い間の当ブログへのアクセスやご支援をどうもありがとうございました。

このブログのご紹介

【世界でもっとも流動性のある外国為替市場(FOREX MARKET)にようこそ!】

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。

現在は,EUR/GBPやGBP/JPYなどの欧州通貨を中心に為替のメカニカルトレードシステムを行っています。といっても裁量トレードも大好きなので,シグナルルールもどちらかというと自分のトレード感覚をそのままルールにしている感じです。そのため大変ヒューリスティックな要素が多いトレードシステムです。

このブログではファンダメンタルを中心に市場雑感や為替動向に関する記録を残しています。できるだけ後に残して意味のあるものにしたいと思いますので,批判や反対コメントも歓迎いたします。どうか,よろしくお願いします。

※このブログは2009年5月12日以降はlivedoorブログと同期して同時更新しています。
(どちらかのサーバーが落ちても更新できるためです。ただし,今後のエクスポートのためにコメントやトラックバックはなるべく本ブログのほうにお願いします。)

あと,その他の姉妹サイトは以下の通りです。

■ ユーロドルのシグナルを公開しているシステムトレードのブログはこちらです。
■ 趣味の動画作成と各種チャートの置き場はこちらの総合ブログにマージしました。

++++++++++++++++++++++++++++紹介本ページ++++++++++++++++++++++++++++++
EURO SELLERの書庫&グッズ(PCサイト)
EURO SELLERの【書評】エントリ

++++++++++++++++++++++++++++ニュース++++++++++++++++++++++++++++++++
KlugとReuterのニュース・フィード

++++++++++++++++++++++++++++各種チャート類++++++++++++++++++++++++++
原油1分足チャート
CBOE VIX 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
24時間ゴールドのチャート
金融株のショートETF 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
INO.com Exchanges - FED FUNDS 30 DAY (CBOT:FF)
Goldman Sachs の商品ETF 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
米国金利イールドカーブ・アニメーション
USD 3M/1M LIBOR 5日/1か月/3か月/6か月/1年チャート
UK Housing Prices & 3M-LIBOR
USD/EUR/JPY 3M Overnight Index Swap 5日/1か月/3か月/6か月/1年チャート

年末年始のお休みのお知らせ

【年末年始のお知らせ】

2012年はギリシャ問題が最後までぐずぐずしましたし,日韓中の政権交代など激動の1年でしたが,なんとかこの年末を公私共に無事に迎えることができてホッとしております。

思えば2011年に比べて仕事の忙しさが増して毎週の為替の予測が滞りがちになったことが心残りでしたが,Twitter偏重のブログ主の手抜きブログにアクセスくださった皆さんの温かい励ましに深く感謝しております。2012年中は本当にありがとうございました。

***

さて,今週と来週のブログ更新は年末年始のためお休みします。早くても1月3日の12月ISM製造業景気指数の発表以降に2013年の更新はスタートします。年末年始も開いている市場はあるわけですが,米国の「財政の崖」問題もくすぶる中で市場のボラティリティは自然と高まるはずです。賢明なる投資家の皆さんはそんな崖から滑り落ちることのありませんように心から祈念いたします。

それでは,皆さん良いお年をお迎えください。

Happy Holidays!

山頂の鹿たち【夏休みモード】

すっかり休みモードに浸るために,こんなエントリはいかが?
先日,山に登ったときに山頂で出会ったシカたちです。(地デジカなどというまがいものではありませんよ。)

【角の切ってない野生の雄シカ】 ※下界の背景と同時に一緒に取れたのは珍しいです。


【山頂の標識と雄シカ】 ※標識と同時に撮れてこれもラッキーです。


【黙々と食べる雌ジカ】 ※雌ジカのほうは2頭で黙々と食べていました。


【愛嬌良く振り向いてくれた子ジカ】 ※手を振ると振り向いてくれました。!(^^)!

【業務連絡】更新遅れます

今週から来週にかけて本業多忙のため,当ブログの更新が遅れます。なお,週末から月曜日にかけての展望は通常通りです。

 

人間は「市場規範」より「社会規範」を優先させる生き物

今週は市場観察はしていないのですが,週末にある本を読み返す機会があったので…

ダン アリエリー(著)「予想どおりに不合理―行動経済学が明かす『あなたがそれを選ぶわけ』」を読むととても面白い事例が書いてありました。

■ 全米退職者協会は複数の弁護士に,困窮している退職者の相談を30ドルで引き受けてくれないかと頼んだら弁護士たちは断った。でも,その協会の責任者がボランティアでお願いしたら圧倒的多数の弁護士が依頼を引き受けた。

■ イスラエルの託児所で,子供の迎えに来るのに遅刻する親が多かったので罰金を科すことにした。そうしたら罰金を払っても良いと考える親が増えて,かえって遅刻が増加した。

著者はこれらの事例を出して,人は誰かのためになる「社会規範」のためなら無償でも何かを引き受けるが,労働をお金に換算した「市場規範」の考えに従うと,同じことを実際に行ってもらうためには高価な対価が必要になると結論付けています。

言い換えると,「社会規範」に訴えるとコストはかからないが,いったん「市場規範」の考えに従ってお金で考えるように人を誘導するとコストが膨大にかかる
ということです。

例1: 住宅ローンを証券化すると,債権者も債務者も考え方が「市場規範」に従ってしまうため,劣悪な条件で高利のローンを組ませるようになり結果的に信用コストが増大する。相手を見て個別にローンを設定していた時代は「社会規範」が働くために,比較的安全なローンに限りリーズナブルな利率でローンを組ませるので信用コストは増大しない。

例2: 「景気回復のために定額給付金を受け取って使ってください」と言うと,人々の考えが「市場規範」に従ってしまうため,相当高額な給付金をバラまかないと景気回復には貢献しない。お金をバラまく代わりに,人々の必要にかなった事業分野の業種への転換を推奨するほうが,人々の「社会規範」に訴えるためにコストが安い。

さらに言い換えると,「市場規範」より「社会規範」に訴えてセールスや経営を行う企業の戦略もある
のですね。

例3: 高級感や快適感を前面に出すより,エコを前面に出して車を売る

例4: 伝統的な優良企業は臨時ボーナスより福利厚生を行き届かせて社員の忠誠心を育てる

なるほど,人間は「社会規範」を優先させる生き物です。破綻した「投資銀行」モデルは「市場規範」で全ての経済論理を組み立てていきましたが,未曾有の金融危機と不況に対抗していくためには,政治家も国民の「社会規範」に訴える政策をしないとダメかもしれませんね。

今週から来週にかけて更新が遅れます…



今週から来週にかけて本業が大変忙しく,ブログ更新が遅れますのでご了承ください。相場も同期したように小動きなのが幸いですが…

雑感を書くにもそれなりの市場観察と考察の時間が必要ですからね。なおシステム・トレードのほうは動かしています。あと,ブログパーツの改良は総合ブログで今週もやっているはなぜだという突っ込みはしないようにね。(笑)

著名ブロガーの早すぎる死を悼む

私が巡回している海外ブログのなかにCalculated Riskがありますが,そこの共同執筆者であるTantaこと Doris Dungeyさんが11月30日にガンで亡くなられたそうです。

Sad News: Tanta Passes Away



モーゲージの専門家だったのでnobinobiさんのほうが彼女のすごさをお分かりでしょう。著名なブロガーとしてよく知られていただけでなく,その意見が多くの人に参考にされていたため,NYタイムズワシントン・ポストもその死を取り上げました。

がんばる人ほど生き急ぐと言うか,彼女の場合は2006年に末期のガンと分かってからのブログの寄稿のほうが長いため,特に今年に入ってからは生きていく証しとしてブログを書いていたのかなあと思ったりもします。

彼女の真剣さと慧眼はこの2006年のエントリで既に表れていますね。彼女の早すぎる死に心から謹んで哀悼の意を表すとともに,モ-ゲージ分野の貴重な人材が突然失われてしまったことが残念でなりません。

何らかの形で他の人に読まれる機会があるブログを書いていくということは,良い反応にしろ悪い反応にしろ読者の考えに何らかの化学変化を与えることでしょう。そしてそういう結果がブログを書く意義として書き手の励みにもなったりします。私の場合は,彼女よりは深刻さを持って書いているわけではありませんが,肩肘を張らずにかといって投げやりにならずに自然体で継続できればと思います。

昨日,累積アクセス数が50万を突破しました



Doblogのアクセスカウンタは日によっては前日のカウントがリセットされないこともあってあまり正確ではないのですが,1年3か月弱かかってやって50万を越えました。まあ,一つの節目でしょうか。

2007年と2008年は尋常じゃないことが次々と起こったのですが,夢中でなんとか更新してきました。最近は相場にもトレンドが無く,かつ面白い調査などもあまり出来ていないのですが,今後とも継続は力なりということでブログを更新していきますので,どうかよろしくお願いします。

為替的には最高にスリリングな週です

今週の月曜日は急激な円高でクロス円の暴落を経験して,今日はそれのリバウンドが起きています。世界の株式市場はさえないですが,ボラの高い今週は為替的には最高にスリリングな週といえます。

こういう週は,ファンダメンタルに薀蓄を傾けるブログの更新は願い下げにしてトレードに集中したいものです。

というわけで,今週は更新が滞りますのでご了承ください。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code